バーチャルオフィスで電話代行サービスを利用するときの選び方!

企業を経営するうえで欠かせないのが電話対応。顧客や取引先とコミュニケーションを取る場であり、いわば会社の顔のような存在です。その大切さは、バーチャルオフィスを利用している企業においても変わりません。
電話を取りこぼすことなくしっかり応対することで、会社としてのイメージアップにつながります。

ここでは、バーチャルオフィスと併用したい電話代行サービスとはどのようなものか、その概要と選び方についてご紹介します。

電話代行サービスとは

電話代行サービスとは、会社の代わりに電話対応してくれるサービスのことです。

社員が留守にしていたり、業務に追われていたりして、会社にかかってきた電話に出られないというケースは多いものです。電話に出られないと、取引先や顧客からの重要な要件を受け損ねる可能性があります。
そのようなことが起こらないように利用するのが電話代行サービスです。会社にかかってきた電話を専門のオペレーターに転送するなど、社員の代わりに電話対応をしてくれます。

会社名を名乗ってくれますし、時間外の電話に対し営業終了のアナウンスをしてくれるのも嬉しいポイント。受けた電話は内容の優先順に転送してくれますので、その電話に対するレスポンスもしやすいです。

電話代行サービスのメリット

電話代行サービスを利用することで得られるメリットをご紹介します。

重要な電話を取り逃さない

電話代行サービスを利用することで、電話の取りこぼしがなくなります。また、複数の電話で対応することが多いので、同時に電話がかかってきた場合でも電話中になることがありません。重要な電話を取りこぼすリスクを大幅に減らすことができます。

コスト削減になる

電話受付専門のスタッフを雇うと、給与や交通費、社会保険などの人件費がかさみますが、電話代行サービスを利用することでそれらのコストがかかりません。

会社のイメージアップにつながる

電話対応をするのは専門のオペレーターです。受け答えをしっかり行いますので、会社のイメージ向上につながります。また、電話を取り損ねることや、待たせることもありませんので、会社の信頼度向上にもつながります。

電話代行サービスの選び方

電話代行サービスの選び方のポイントを紹介しましょう。

会社に電話をかけてみる

電話代行サービスの申し込みをする際には、まずその会社に電話をかけてみましょう。そのときの受け答えがしっかりしていれば、実力のある会社である可能性が高くなります。

複数の会社を比較検討する

電話代行サービスを利用する際は、サービスを提供してくれる会社を複数比較検討しましょう。会社の実績や料金、サービス内容を吟味し、自分が求めているサービスを提供してくれる会社を選ぶようにしてください。

不必要なサービスは断る

「24時間365時間対応」などのサービスは、一見役立ちそうですが、夜間に電話がほとんどかかってこないのであれば不要なサービスです。不要なサービスがあるために費用が高くなることもありますので、勧められても不要なサービスはカットするようにしましょう。

電話代行の男性

バーチャルオフィスの中には、電話代行サービスも提供している業者が多くあります。バーチャルオフィスの利用を検討中の方は、電話代行サービスについても注目して業者選びをするようにしましょう。

ネットショップで出店する際に、特定商法取引表記の住所としてご利用できます。
発送元ご利用住所としてもご利用いただけます。
宛所不明郵便・荷物及び返品郵便・荷物で発送元に戻ってきたお荷物は、スピーディーにメールでご連絡を差し上げます。

  • 税務署からの書類、宛先不明等の差し戻りや返品の郵便または宅配便のみのお受け取りとなります。
  • ショップ名が不明及び、ご登録の無いショップ名はお受け取りできません、返還対応となります。
  • 上記以外(書留・請求書等)の郵便物及びお荷物を受取ご希望の場合はビジネス応援プランをご利用ください。

全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(ご利用規約に基づく)
法人登記・郵便物毎週末転送が付いております。
届いた郵便物・お荷物は、スピーディーにメールでご連絡を差し上げます。

・郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
・転送は週1回(金曜日)
※転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
※郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送