バーチャルオフィスで法人登記もおすすめ

法人登記には住所の登録が必要となりますが、その際にバーチャルオフィスの住所を記載することもできます。特にネットショップなどのスモールビジネスを活用している場合には、バーチャルオフィスの使用が非常に役立ちます。

起業して間もないころは自宅で事業をスタートさせる方が多いかと思われますが、自宅の住所を公表したくない気持ちもありますよね。そんなときにバーチャルオフィスの使用がおすすめです。

バーチャルオフィスでの法人登記は可能?

バーチャルオフィスとは、事務所を持たずに会社としての住所を借りるサービスです。オフィスルームのレンタルはできませんが、会社や個人事業主のネームバリューを保てるというメリットがあり、現在では続々と増えています。

今回は、「バーチャルオフィスでの法人登記は可能か?」というポイントについてお話しします。

バーチャルオフィスで法人登記をする企業が増えている

法人として活動していく場合、法人登記を済ませる必要があります。法人登記には会社所在地の登録が求められますが、そこでバーチャルオフィスの住所の使用が可能です。

起業してまだ間もないころやスモールビジネスを運営していると、なかなかオフィスを借りられるだけの利益が出せていない場合があります。かといって自宅の住所を一般公開するリスクも低いとは言い切れないので、そんなときにはバーチャルオフィスを使ってみるといいでしょう。会議室を利用できるオフィスもあるので、ミーティングなどをおこなうときに便利です。

信頼性の高いバーチャルオフィスを使えば、安全にサービスを受けられます。

バーチャルオフィスの法人登記は違法ではない

「バーチャルオフィスの住所で法人登記をするのは、違法ではないのか?」と心配に思われる方も多いですが、登録そのものは違法ではないのでご安心ください。不安であれば登記の際にその点を伝えるといいでしょう。

また、バーチャルオフィスを契約する前に、法人登記について相談してみることも手段のうちです。手続きや安全上の問題についてどれほど対応しているか、相手の対応を知ってから契約することがポイントです。

法人登記を検討する前に

バーチャルオフィスの使用は非常に便利ですが、なかにはサービスを利用できない業種もあります。例えば古物商など実在の住所を必要とする場合には利用できませんので、契約前に必ず確認しておきましょう。

事前に必要な情報をしっかりと調べ、契約後にミスが起こらないように気をつけましょう。

  • 法人登記・郵便物月末転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物があまり届かず、月1回の転送でも良いという方にオススメのプランとなります。

全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(ご利用規約に基づく)
法人登記・郵便物毎週末転送が付いております。
届いた郵便物・お荷物は、スピーディーにメールでご連絡を差し上げます。

  • 転送は週1回(金曜日)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
  • 全店舗 来店受取可能となります。
  • レゾナンスの姉妹店となっておりネットショップ運営者向けの店舗となります。
  • 転送は週1回(金曜日)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送
  • ご登録のショップ名宛ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)※税務署からの書類に限り個人名でお受け取り可能
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります
  • 法人登記・郵便物週1回転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物が頻繁に届く方で、週に1回必ず郵便物をチェックしたいという方にオススメのプランとなります。
  • スポット転送を指示すると、郵便物を即日に転送いたします。(1回500円)
  • ※9時~17時までの受付時間となります。

  • 郵便物転送(月1回 月末金曜日)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入不可
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
  • 全店舗 来店受取不可となっております。