バーチャルオフィスでも銀行の法人口座開設はできる!開設時のポイントは?

「バーチャルオフィスやレンタルオフィスでは、銀行の法人口座を開設するのは難しい」という話を聞いたことがある方もいるかもしれません。結論から言えば、バーチャルオフィスやレンタルオフィスであっても法人口座の開設は可能です。

しかし、中には口座開設ができないケースもあるので注意が必要です。そこで今回は、バーチャルオフィスで法人口座を開設するときのポイントについて紹介します。

バーチャルオフィスでも銀行口座の開設は可能

2013年4月より犯罪収益移転防止法が改正され、警視庁は各金融機関に対して、法人口座開設の審査を厳格に行うよう通達しています。これは、ネット銀行やネットバンキングサービスを利用して、簡単に送金や受け取りが可能となったことにより促進されてしまった、マネーロンダリングや振り込め詐欺といった犯罪に使われる架空口座の開設を防止するためです。

バーチャルオフィスで銀行の法人口座を作ることには、お客様や取引先からの信頼が高められるというメリットがありますので、口座開設を考えている方も多いことでしょう。
しかし、「バーチャルオフィスでは銀行口座の開設ができない」といった誤情報も流れており、不安な方もいると思います。

きちんと本人確認や事業内容確認ができれば、バーチャルオフィスやレンタルオフィスであっても問題なく口座開設が可能ですのでご安心ください。

銀行口座を開設する際のポイント

法人口座を開設する際のポイントについて説明いたします。

1.資本金はできるだけ多く

会社設立は法律上1円から可能ですが、資本金の金額が低すぎると
「事業実態がないのでは?」
「事業を運営する気がないのでは?」
と思われる可能性があります。そのため、低すぎる資本金は審査において上記のような誤解を招きますので出来るだけ多くの資本金を用意された方が、良い評価を得ることができるでしょう。

2.事業内容は明確に

銀行口座開設の際、会社の実態がわかりづらいと審査が厳しい評価になってしまいます。
事業目的をはっきりと示し、売り上げとなる商品やサービスは何か、事業内容はより細かく、明確にしていただくと印象が良いです。
事業実態をすぐに把握できるような簡潔でわかりやすい説明ができるように、会社概要や説明資料を用意しておくと相手に伝わりやすいでしょう。

銀行口座開設に必要なもの

法人口座開設の際は、必要書類を確実に揃えましょう。

    <法人口座開設の際に必要なもの>

  1. 本人確認書類(運転免許証・パスポート等)
  2. 登記事項証明書(履歴事項全部証明書)
  3. 印鑑登録証明書
  4. 法人用の固定電話番号
  5. サービス利用証明書(バーチャルオフィスの契約書)
  6. こちらは必ず求められる書類ですので準備しましょう。
    <補足としてあった方がよいもの>

  7. 請求書、注文書など
  8. .履歴書・業務経歴書
  9. 法人設立届出書
  10. 定款
  11. 株主名簿
  12. 設立趣意書
  13. 貸借対照表
  14. 会社のホームページ

こちらはきちんとビジネスを行っていますというアピールの為に用意した方が良い資料です。銀行では口座開設にあたって事業実態があるかを審査するために様々なチェックを行いますので、できるだけ多くの資料を用意しましょう。

銀行訪問時の注意点

資料の準備が整ったら銀行へ訪問します。審査をする方も人間ですので、受付の窓口担当者へ心象が悪くならないようにきっちりと身なりを整えることが大切です。
カジュアルすぎる格好や汚れた作業服などはマイナスの印象を与えてしまう可能性がありますので、できればスーツを着用する、難しければできるだけ白シャツを着用するなど好印象を与える格好をしましょう。

また、アポイントの時間に遅れない、丁寧かつ明朗快活に話すといった基本的なマナーも忘れないようにしたいものです。

事業実態が証明できれば大手銀行でも口座開設できる

いくら必要書類を揃えても、バーチャルオフィスであるというだけで信用がないと判断する銀行も存在します。大手銀行での口座開設がうまくいかない場合、まずは地方銀行やゆうちょ銀行、ネットバンクなどで法人口座開設しましょう。

取引先からの入金履歴など事業に実態がある証拠を半年から1年程度かけて揃え、再度大手銀行の審査に臨むとうまくいきやすくなります。
一度審査に落ちた銀行であっても、問題のないビジネスだと判断されれば口座開設ができるケースは多いので、諦める必要はありません。

口座開設について

まとめ

バーチャルオフィスで法人口座を開設するときのポイントについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

バーチャルオフィスやレンタルオフィスの場合、法人銀行口座を100%開設できる方法はありません。
しかし、きちんと書類を揃え事業実態をアピールし「この人なら大丈夫だろう」と思ってもらうことができれば、法人口座開設は十分に可能なので、万全の準備をした上で審査に臨みましょう。

バーチャルオフィスでも銀行の法人口座開設はできる!開設時のポイントは?
バーチャルオフィスやレンタルオフィスの場合、法人銀行口座の開設は難しいと思われがちです。しかし、きちんと段階を踏んで審査に臨めば口座開設は可能です。今回は、バーチャルオフィスで法人口座開設をするときのポイントを紹介します。
  • 法人登記・郵便物月末転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物があまり届かず、月1回の転送でも良いという方にオススメのプランとなります。

全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(ご利用規約に基づく)
法人登記・郵便物毎週水曜転送が付いております。
届いた郵便物・お荷物は、スピーディーにメールでご連絡を差し上げます。

  • 転送は週1回(水曜)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送
  • 郵便物は無料で写真送信
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
  • 全店舗 来店受取可能となります。
  • レゾナンスの姉妹店となっておりネットショップ運営者向けの店舗となります。
  • 転送は週1回(水曜)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送
  • 郵便物は無料で写真送信
  • ご登録のショップ名宛ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)※税務署からの書類に限り個人名でお受け取り可能
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります
  • 法人登記・郵便物週1回転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物が頻繁に届く方で、週に1回必ず郵便物をチェックしたいという方にオススメのプランとなります。
  • スポット転送を指示すると、郵便物を即日に転送いたします。(1回500円)
  • ※9時~17時までの受付時間となります。

  • 郵便物都度転送オプションを追加すると、郵便物を即日に転送いたします。(月1,100円)
  • ※6か月年払いコース・1年払いコースのお客様は次回更新日までのご請求が必須となります。
    【例】
    次回更新日まで残り4か月の場合・・
    1,100円×4か月分=4,400円

受信料:1枚10円
転送費:1枚100円

※デポジットより差し引き

受信料:1枚10円
転送費:1枚100円

※デポジットより差し引き
(お客様で送受信される場合、転送費は発生いたしません)

  • 送料はデポジットより差し引きとなります。
  • 月1回転送プランの方は追加不可
  • (スポット転送(1回500円)をご利用下さい)

  • 電話代行受付時間:月~金 9:00~18:00
  • (祝祭日、年末年始夏季休養日除く)

*個人契約は2つ目の登録の場合、法人契約は法人名以外でのお受取を希望の場合に追加が可能です。

  • 郵便物転送(月1回 月末水曜)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入不可
  • 郵便物は無料で写真送信
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
  • 全店舗 来店受取不可となっております。