【月額550円~】東京・横浜の格安バーチャルオフィスならレゾナンス

さらに!!

実施期間~2023年1月31日
キャンペーン内容月額料金が3ヶ月間無料になります!
詳細情報

バーチャルオフィス部門にて
4年連続 3冠達成

バーチャルオフィス価格満足度ナンバー1、バーチャルオフィス人気ナンバー1、バーチャルオフィス顧客利用満足度ナンバー1バーチャルオフィス価格満足度ナンバー1、バーチャルオフィス人気ナンバー1、バーチャルオフィス顧客利用満足度ナンバー1

2019-2022年「バーチャルオフィス部門」にて
「人気」「顧客利用満足度」「価格満足度」No.1に選ばれました!

※「バーチャルオフィス」部門 2019年7月・2020年7月・2021年2月・2022年2月調べ(実査委託先:ゼネラルリサーチ)
アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ/調査期間:2019年7月8日~10日、2020年7月1日~2日、2021年2月10日~11日、2022年2月9日~10日/調査方法:インターネット調査
調査概要:バーチャルオフィス10社を対象にしたサイト比較イメージ調査/調査対象:全国20代~50代の男女(2019年度)1087名(2020年度)1016名(2021年度)1002名(2022年度)1007名

どれも最高の一等地の
バーチャルオフィス

現在6店舗
レゾナンス姉妹店ー
R-INNOVATIONが新登場!!

浜松町本店

〒105-0013 東京都港区浜松町2-2-15
JR山手線『浜松町』より徒歩3分
都営浅草線、都営大江戸線『大門』より徒歩2分

  • 法人登記OK
  • 郵便物毎週末転送
  • 郵便物来店受け取りOK
  • 貸会議室あり
  • 郵便転送週1回プラン 1650円~
  • 郵便転送月1回プラン 990円~
詳しく見る

銀座店

〒104-0061 東京都中央区銀座1-22-11
JR山手線『有楽町』より徒歩10分
東京メトロ有楽町線『新富町』より徒歩3分
東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線『銀座』より徒歩8分

  • 法人登記OK
  • 郵便物毎週末転送
  • 郵便物来店受け取りOK
  • 貸会議室あり
  • 郵便転送週1回プラン 1650円~
  • 郵便転送月1回プラン 990円~
詳しく見る

渋谷店

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-23-4
JR山手線『渋谷』『原宿』より徒歩8分
東京メトロ副都心線・千代田線『明治神宮前』より徒歩5分
東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線『表参道』より徒歩12分

  • 法人登記OK
  • 郵便物毎週末転送
  • 郵便物来店受け取りOK
  • 貸会議室あり
  • 郵便転送週1回プラン 1650円~
  • 郵便転送月1回プラン 990円~
詳しく見る

新宿店

〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-3-13
JR山手線『新宿』より徒歩10分(新宿駅O-2出口より2分)
東京メトロ大江戸線『都庁前』徒歩7分
京王線『初台駅』より徒歩13分

  • 法人登記OK
  • 郵便物毎週末転送
  • 郵便物来店受け取りOK
  • 貸会議室あり
  • 郵便転送週1回プラン 1650円~
  • 郵便転送月1回プラン 990円~
詳しく見る

横浜店
(2022年11月1日OPEN)

〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-10-28
JR京浜東北・根岸線『横浜』徒歩5分
横浜市営地下鉄ブルーライン『横浜』より徒歩4分

  • 法人登記OK
  • 郵便物毎週末転送
  • 郵便物来店受け取りOK
  • 貸会議室あり
  • 郵便転送週1回プラン 1650円~
  • 郵便転送月1回プラン 990円~
詳しく見る

R-INNOVATION銀座店
(2022年10月1日
レゾナンス姉妹店OPEN)

〒104-0061 東京都中央区銀座
ネットショップ運営者向けの店舗がこの度レゾナンスの姉妹店として東京都中央区銀座に新規OPENいたしました。(ご利用住所の公開は会員様のみとなっております)

  • 法人登記OK
  • 郵便物毎週末転送
  • 郵便物来店受け取りOK
  • 貸会議室あり
  • ネットショップ住所貸しプラン550円~
詳しく見る

サービス

お客様のニーズに合わせた様々なサービスをご用意しております。法人登記が可能な住所の提供、郵便毎週末転送、お客様専用電話番号の貸出し、お客様専用電話応対業務など起業に欠かせない付加価値の高いサービスを格安価格にてご提供中です。 お得なセット割引もございますので、お気軽にお問い合わせください。

郵便物週1回転送プラン

バーチャルオフィス1年払いコース
週1回転送プラン詳細

月額1650
登記
郵便物毎週末転送(郵送料は実費)
詳細
備考
  • 法人登記・郵便物週1回転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物が頻繁に届く方で、週に1回必ず郵便物をチェックしたいという方にオススメのプランとなります。

※全店舗 来店受け取り可能

郵便物月1回転送プラン

バーチャルオフィス1年払いコース
月1回転送プラン詳細

月額990
登記
郵便物月末金曜発送(郵送費は実費)
詳細
備考
  • 法人登記・郵便物月末転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物があまり届かず、月1回の転送でも良いという方にオススメのプランとなります。
  • 基本月末金曜日の発送となりますが、急に必要な郵便物でもスポット転送費(1回500円+郵送費)がございますので安心してご利用頂きます。

※全店舗 来店受け取り不可

ネットショップ運営の方はこちら

ネットショップ住所貸しプラン
R-INNOVATION(姉妹店)
詳細

月額550
登記×
郵便物毎週末転送(郵送料は実費)
詳細
備考
  • ネットショップ運営の方で、特商法の表記に住所が必要な方向けのプランとなります。(郵便物・宅急便受け取り及び転送可)
  • 郵便物や宅急便の受け取り報告、届いた郵便物の毎週末転送が含まれているプランとなります。
  • 1shop名まで登録無料・法人登記不可
【月額550円~】ネットショップ住所貸しプランを見る

バーチャルオフィスコースの特徴

01法人契約・法人登記が可能

  • 1契約1法人となります。
  • 法人未設立の場合は、まず個人様でのご契約をお願いいたします。お貸出し住所にて法人設立後、6か月以内に発行された履歴事項全部証明書をご提出頂き、無料で法人名義にお切り替えが可能となっております。

02すべての郵便物お荷物が
お受け取り可能

  • 週一転送or月一転送、お客様のご希望で転送頻度をお選びいただけます。
    ※1年払いコースのみ対象
  • また、届いた郵便物を至急送ってもらいたいという方向けにスポット転送(1回500円)もございますので安心してご利用頂けます。
  • 詳しくは「郵便物の受取及び転送業務について」をご確認ください。
  • 利用規約に基づく

03ご来店にて郵便物がお渡し可能

  • 来店受取でご契約中のお客様は、平日の9時~17時のお時間でしたら、ご来店にてお預かり中の郵便物・お荷物をお渡し可能でございます。
  • 転送受取でご契約中のお客様は、事前にご連絡が必要となります。
  • 発送日前日の17時までに来店受取する旨のご連絡が必要になっております。
  • 郵便転送月1回プランの方は来店受け取り不可となっております。

04選べる一等地住所

  • 一等地有数のオフィス街で
    現在5店舗
    「港区浜松町本店」「銀座店」「渋谷店」「新宿店」
    「横浜店」
    からご選択可能

バーチャルオフィスとは
どういうもの?

バーチャルオフィスとは、実際に入居することなくオフィスとしての住所や電話番号を利用することができるサービスのことを言います。文字通り「仮想のオフィス」というわけです。

ネットやクラウドサービスが発達し、現代社会では「働く場所」を確保することの必要性が従来ほど大きくありません。特にフリーランスの方や起業したばかりの方は、自宅を作業場にしているというケースがほとんど。わざわざ実在するスペース(事務所やオフィス)を借りる必要がないのです。

しかし自宅住所を世間に公開してしまうと、プライバシー保護の観点でリスクが高くなります。そこで、自宅住所とは違う、公に広めても問題がないビジネス専用の住所に対するニーズが高まっているのです。

バーチャルオフィスは、そのような現代的なビジネスのニーズに応える形で登場したサービスであると言えるでしょう。
より詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

バーチャルオフィスとは?メリット・デメリットについて解説!
近年利用者が増えつつあるバーチャルオフィス。バーチャルオフィスにはさまざまなメリットがあります。ここでは、バーチャルオフィスとはどのようなものか、また、どのようなメリット・デメリットがあるのかご紹介します。

バーチャルオフィスはこんな方にオススメです

  • 自宅で法人登記することが難しい人
  • 起業準備費用を抑えたい人
  • フリーランスなどでオフィスが必要ない人
  • ネットショップなどで副業をしている人
  • 会社住所の移転を考えている人
  • 特定商取引法の表記でプライバシーを確保したい人

レゾナンス会員様限定
特別紹介制度

起業家が「レゾナンス」を
選んだ理由!
バーチャルオフィスを利用
した感想や魅力をご紹介

近ごろは起業や経営の中で「バーチャルオフィス」をご活用される方が増えつつあります。低価格で都心の住所が手に入るとして人気上昇中のバーチャルオフィスの中で、当「レゾナンス」はありがたいことに、4年連続満足度No.1(※)に輝いております。

※「バーチャルオフィス」部門 2019年7月・2020年7月・2021年2月・2022年2月調べ(実査委託先:ゼネラルリサーチ)

そんな中、「レゾナンスが気になっているものの、他のバーチャルオフィスとどう違うの?」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、レゾナンス会員様へアンケートを実施。実際にご利用されたうえで感じた“生の声”をお伺いしてみました。使い勝手やレゾナンスならではの魅力などについてたっぷりと語っていただきましたので、ぜひご参考にしてみてください。

格安バーチャルオフィス
「レゾナンス」とは?

「レゾナンス」は、都内と横浜に計5店舗を展開するバーチャルオフィスです。

月額990円~(税込)の低価格で都心の住所が借りられるほか、郵便物のお受け取り・転送サービス、貸し会議室のご優待、会員様向け紹介サービスなども充実しております。

2021年時点でのご利用社数は、10088社を突破。
会員様へコストパフォーマンスに優れた良質なサービスをご提供すべく、常日頃よりチャレンジを続けております。

レゾナンスって実際どう?
会員様にアンケートを実施!

そんなレゾナンスですが、バーチャルオフィスのご利用を検討されている方の中には「実際に使ってみてどうなの?」と気になさっている方も多くいらっしゃいます。
“住所のみを借りる”という形態だからこそ、ご不安になるお気持ちも理解できます。

そこで今回は、レゾナンス会員に向けてアンケートを実施。
起業家としてご活躍されている平野様(株式会社EQREA代表)、福田様(XMarke株式会社)、内藤様(BH-LABO)に対し、以下の6点をお伺いしました。

  • バーチャルオフィスを選んだ理由
  • 数あるバーチャルオフィスから「レゾナンス」を選んだ理由
  • レゾナンスのバーチャルオフィスにどのような魅力を感じるか
  • 現時点でのバーチャルオフィスの利用方法
  • バーチャルオフィスが役立ったエピソード
  • 今後、バーチャルオフィスを使ってどのように活動していくのか

お三方は「レゾナンス」をフル活用しながらご活躍されています。

次項からは、おひとりずつどのようにレゾナンスをご活用されているのかをご紹介します。

【ケース1】デジタルマーケティングとウェディングシューズ販売を手掛ける「株式会社EQREA」平野様

デジタルマーケティング事業、ウェディングシューズの販売を手掛ける「株式会社EQREA」。
株式会社EQREAを運営する平野由梨子様は、法人登記の本店所在地として「レゾナンス」の住所をご活用されています。

どうしてバーチャルオフィスを選んだのですか?

ベンチャーなので状況の変化が大きく2年に一度くらいオフィスの移転をするのですが、その都度登記の場所を変更すると手間もお金もかかってしまうため本店登記は一ヶ所に固定しておきたいという思いがあり、バーチャルオフィスを選択しました。

数あるバーチャルオフィスの中から、なぜレゾナンスを選びましたか? 理由を教えてください。

書留の受け取りと転送をしてくれるところが、レゾナンスを選んだ一番のポイントでした。

他社のバーチャルオフィスを使用したこともあるのですが、ポストだけで無人のバーチャルオフィスだと、銀行からの書留や宅配の荷物等は受け取ってくれません。

その不便を感じていたため、有人で受け取りと転送をしてくれるレゾナンスを選びました。

レゾナンスのバーチャルオフィスを使ってみて、どのような部分に魅力を感じますか?

クラウド上で完結するテンポのよい情報共有と、有人の丁寧な対応と、両方を兼ね備えている点が魅力だと感じています。

郵便物の転送などレギュラーの対応はクラウド上から詳細を確認できて便利ですし、不明点があればメールで問い合わせればすぐに返信をもらえます。

バーチャルオフィスが役立った!と感じたエピソードなどがあれば、教えてください。

レゾナンスを契約してから2回オフィスの移転をしているのですが、慌ただしい引っ越しの時に登記変更の手間がかからなかったのは助かりました。金額面でも、登記変更を2回行うよりもレゾナンスの使用料のほうが安く済んでいます。

あとはやはりオフィスにいなくても郵便物を受け取って転送してくれるところに価値を感じています。

以前、無人のポストのみのバーチャルオフィスを使用していた時は、書留が来るタイミングに合わせてポストの前まで行って配達員の方を待っていたこともありましたし、受け取れずに差出人に戻ってしまったことも何度かありました。

今はそのストレスが無いのが非常にありがたいです。

今後、バーチャルオフィスを活用してどのような活動を行う予定ですか?

バーチャルオフィスとインターネット環境があれば会社機能が作れる非常に自由度の高い時代になったと思います。オフィスを変えたり、リモートワークを推進したりといった、働く環境の刷新をフットワーク軽く行って、会社全体のパフォーマンスを上げていきたいです。

お忙しい中アンケートにご回答いただき、誠にありがとうございました。

◇ ◇ ◇

平野様は、会社の本店住所としてレゾナンスをご利用されています。

本拠地をレゾナンスのバーチャルオフィス住所で固定することで、実際の活動拠点をフレキシブルに移動できるのは大きなメリットといえるでしょう。

住所のためにオフィスを借りるとなるとまとまった額が必要になるケースも多いですが、バーチャルオフィスであれば固定費も大きく抑えられます。

さらに郵便物の受け取りの柔軟さについても満足していただいており、ストレスなくビジネスが行えることにも「役立った」と感じていらっしゃるようです。

【ケース2】総合Webマーケティング支援、コンサルティングを行う「XMarke株式会社」福田様

上場企業やスタートアップの新規事業やDX、Web集客などの総合マーケティング支援、コンサルティングを手掛ける「XMarke株式会社」。

XMarke株式会社の代表・福田佑貴様は、開業時の法人登記住所、および郵便物の受け取り場所としてレゾナンスをご活用されています。

どうしてバーチャルオフィスを選んだのですか?

開業したての段階ではオフィスの固定費を調整しやすいように、本拠地はできるだけ安くしたかったため。
活動拠点をどこにするか具体的には決まっていなかったためフレキシブルにしたかった。

数あるバーチャルオフィスの中から、なぜレゾナンスを選びましたか? 理由を教えてください。

圧倒的に安い価格帯であることが魅力的でした。当初はあまり拠点数が少なかったと思いますが、そこもポイントでした。早い段階で利用させていただくことは後ほど人気になってしまうよりもお得かなと思いました。

レゾナンスのバーチャルオフィスを使ってみて、どのような部分に魅力を感じますか?

固定費を抑えられ、必要な時に必要なサービスを享受できる点。

バーチャルオフィスが役立った!と感じたエピソードなどがあれば、教えてください。

銀座にあることで、信頼できそうな企業だと思われること。
(実際にはそうではないことがエピソードトークとして使える)

今後、バーチャルオフィスを活用してどのような活動を行う予定ですか?

引き続き拠点を増やしていく中でバーチャルオフィスを利用させていただき、固定費を抑えたいと思います。

お忙しい中アンケートにご回答いただき、誠にありがとうございました。

◇ ◇ ◇

福田様はレゾナンスをご利用いただくことで「固定費の削減」を実現されています。

レゾナンスの拠点数が少なかった時期からご利用いただいているということは、これまでのコストも大幅に抑えられている、ということでもありますね。

創業したての時期は“いかに固定費を削減するか”が重要になるため、月数千円の格安で利用できるバーチャルオフィスをご利用なさるのは非常にご賢明な判断だといえます。

銀座の土地のネームバリューを、イメージアップにうまく活用されているのも流石です。

サプリメント販売を手掛ける「BH-LABO」内藤様

「BH-LABO」にてサプリメントの販売を手掛ける内藤様は、製品に記載する住所、および法人登記を目的としてレゾナンスをご利用いただいております。
内藤様は、弊社の「会員限定特別紹介サービス」もフル活用し、スムーズに起業ができたと話されています。

どうしてバーチャルオフィスを選んだのですか?

個人事業としてサプリメントの販売をするにあたり販売者の住所を製品に記載する必要があった。その住所として利用したかったため。

また、すぐ法人化する予定もあり、その際の登記住所としても利用したいと思ったため。

数あるバーチャルオフィスの中から、なぜレゾナンスを選びましたか? 理由を教えてください。

いずれ法人登記を予定していたため、いわゆる「ビジネスプラン」タイプの一年分一括前払いプランを検討しておりました。他社に比べその価格とサービス内容が圧倒的に優位だったためです。

また、「会員限定特別紹介」のサービス内容が他社の同様のサービスに比べ非常に豊富で、ぜひ利用したいと思ったものが多かったからです。

レゾナンスのバーチャルオフィスを使ってみて、どのような部分に魅力を感じますか?

「会員限定特別紹介」のサービスで、HP制作の『WEBプロ』さんや、HP内に載せる記事・コンテンツ制作代行の『F.LIGHT』さんにそれぞれの製作を依頼しましたが、価格が他社と比べ3分の1以下と非常に安く、にもかかわらずクオリティーが非常に高く、とても満足しています。

特に『F.LIGHT』さんは、仕事のクオリティーの高さに対して価格が安すぎるのでは、と、申し訳ない気持ちになるぐらいでした。

また他にも会社創業費用0円サービスの『0円創業君』も利用しましたが、法人化のための費用を相当抑えることができ、とてもスムーズに法人化できました。

今回レゾナンスでなく、他社のバーチャルオフィスを利用していたら、このような恩恵は受けられなかったと思います。これだけでもレゾナンスにして良かったと心から感じています。

<その他、内藤様からは以下のような「魅力に感じたこと」のご意見もお伺いしています>

  • 銀座の住所が格安の初期費用で利用できる
  • 名刺・会社案内・製品に記載する会社住所・製品パンフレットに銀座の住所を記載できる
  • 分からないことも銀座店に直接電話すれば、スタッフがすぐに出てくれて応対してくれる

現在バーチャルオフィスをどんな用途・目的で使っていますか? 具体的な利用方法を教えてください。

法人登記住所として。
ネットショップで販売しているサプリメントに記載する販売会社の住所として。
名刺の会社住所にも利用しています。

バーチャルオフィスが役立った!と感じたエピソードなどがあれば、教えてください。

サプリメントの卸販売先として美容サロンなどに営業をしておりますが、その際、銀座の住所であることで信頼が得られ、契約率にも好影響をもたらしていると感じます。リアルな事務所なのかバーチャルオフィスなのかいちいち気に留める人などいません。

今後、バーチャルオフィスを活用してどのような活動を行う予定ですか?

銀座の住所という事で、今後も個人客や卸先への営業も自信をもって行うことができます。
バーチャルオフィスという事をこちらからわざわざ言う必要はないと思いますが、もし知られても「リモートワークのため」と堂々と説明すればよく、特別恐れる必要はありません。

お忙しい中アンケートにご回答いただき、誠にありがとうございました。

◇ ◇ ◇

内藤様は「銀座」住所の持つ知名度、および良いイメージを、営業や契約へご活用されています。銀座の住所は美容・ヘルスケア関連の事業とも相性が良く、取引先や顧客に好印象を与えられる効果も期待できるためです。

またレゾナンスでは会員様向けにWEBサイト制作・記事制作・創業支援サービスなどの紹介も行っておりますが、内藤様は当該サービスをフル活用。会社の立ち上げ準備をスムーズに進められていらっしゃる姿が印象的でした。

レゾナンスのバーチャルオフィスのメリット・デメリットは?

レゾナンスはビジネス用の連絡先としてはもちろん、法人登記にもご利用いただけるバーチャルオフィスです。

実際に、今回アンケートにご回答いただいた平野様、福田様、内藤様のお三方は「法人登記の本店所在地として使いたい」という目的でレゾナンスをご利用されています。

また、お三方以外の会員様にも、起業や副業、個人事業用の住所としてレゾナンスのバーチャルオフィスをご利用されているケースも多いです。

ここでは、レゾナンスのメリット・デメリットについてご紹介します。
「レゾナンスが気になる」という方はいま一度チェックしてみてくださいね。

レゾナンス・バーチャルオフィスのメリット

レゾナンスの会員様には以下のようなメリットを挙げる方も多く、ありがたいことに「大変満足している」とのお声を多数いただいております。

【レゾナンスのバーチャルオフィスのメリット】

  • 月額990円~の低価格で利用でき、毎月の固定費を抑えて開業・起業できる
  • 本店として法人登記に住所を使える
  • 法人登記にレゾナンスを使うことで、拠点をフレキシブルに変えられる
  • 銀座、渋谷、新宿、港区、横浜などのネームバリューのある住所を使って信頼を得られる
  • スタッフによる有人受付を行っており、突然の来客にも対応が可能
  • 書留や荷物など対面が必要な郵便物も受け取ってもらえる
  • 会員限定の優待・紹介サービスを利用できる
  • 優待価格で貸し会議室が利用できる

この価格帯でスタッフによる有人受付対応、および書留・荷物等のお受け取りができるのはレゾナンスならではの魅力です。会員様限定の紹介サービスも充実しており、各店舗に備え付けの貸し会議室がご優待価格でご利用いただけます。

格安で都心住所で法人登記をしたい方はもちろん、コストパフォーマンスの良さを追求される方は、レゾナンスのバーチャルオフィスをぜひご検討ください。

レゾナンス・バーチャルオフィスのデメリット

レゾナンスに限ったことではありませんが、バーチャルオフィスには「執務スペースが借りられない」というデメリットがあります。

バーチャルオフィスは「住所」とそれに付随するオフィス機能を提供するサービスのため、作業用のスペースの提供は基本的にありません。コワーキングスペースやシェアオフィス、ご自宅などで作業をされている方は問題ありませんが、そのような執務スペースがない方は別で確保する必要があります。

これからバーチャルオフィスを借りられる方は、まず作業スペースを確保したうえでご利用ください。

起業・副業にバーチャルオフィスを活用してみよう!

レゾナンスではバーチャルオフィスが月額990円~(税込)にてご利用いただけます。
こちらのプランは低コストながらも

  • 港区、銀座、渋谷、新宿、横浜の一等地住所が借りられる
  • 法人登記OK!
  • 住所は名刺やWEBサイトへの掲載OK
  • 週1回の郵便物受け取り&転送あり
  • 有人受付対応サービスあり
  • 会員限定アプリ、紹介サービスの利用可

と充実したプラン内容となっております。
郵便物は普通郵便だけでなく、書留やお荷物もお受け取りが可能です。
個人事業主やフリーランスの皆さまはもちろん、これから会社を立ち上げたい方にも最適です。

「法人登記のできる格安バーチャルオフィスがいい」

「イメージのよい都会の一等地住所を低コストで借りたい」

「格安のバーチャルオフィスを探しているが、内容で満足できるところがない」

「住所貸し以外の機能面も充実しているところで契約したい」

という方は、ぜひレゾナンスのバーチャルオフィスをご検討ください。

バーチャルオフィスにはどのようなメリットがあるのか?

初期費用の大幅な削減

バーチャルオフィス最大のメリットのひとつが、大幅な経費削減効果です。特に初期費用は顕著で、実際に貸しオフィスを借りるとなると、敷金礼金、保証金などを支払わなくてはいけません。敷金礼金は賃料の数か月分、保証金は6か月から多い場合だと1年分というところもあります。

仮に賃料20万円、敷金礼金が2か月分、保証金が6か月分の貸しオフィスを借りたとしたら、契約時に200万円の支払いをしなくてはいけません。何かと出費がかさみ、まだ事業も軌道に乗っていないスタートアップ時にこれはかなり大きな支出であると言えます。

その点、バーチャルオフィスであれば入会金を支払うだけです。入会金は業者によってさまざまですが、高くて1万円程度ですからそれほど大きな負担にはなりません。また、貸しオフィスを仕事場にするのであれば、デスクやプリンター、暖房器具などなど、作業をするための備品を新調する必要が出てきます。しかしバーチャルオフィスを利用する場合は自宅を作業場にすることが前提になるので、そういった設備の購入費もかかりません。

月々の利用料金も1万円以下のバーチャルオフィスがほとんどですので、ランニングコストも小さく抑えられます。

一等地の住所を利用できる

バーチャルオフィスが提供している住所は、基本的に一等地です。東京都内であれば都心の住所を安い利用料で借りることができます。

取引先や顧客から信頼してもらうというのは、事業をする上でかなり重要なポイントです。しかし、設立間もない会社や、独立したばかりのフリーランスなど、まだ実績がない方にとって、取引先や顧客から信頼してもらうというのは容易ではありません。もちろん実績を積み重ねることで信頼を勝ち取っていくことは可能ですが、実績の少なさがスタートアップ時の事業経営の大きな足かせになることは事実です。

そのようなときに、一等地の住所を会社の所在地として利用できることが大きなアドバンテージになります。「この場所に住所を持っている会社であれば安心だろう」と考える人も少なからずいるからです。そうでなくても、全国から仕事の発注が来る可能性が高くすることができます。

例えばホームページ作成代行業であれば、広島県の会社が山梨県の会社に発注する可能性は、それこそよほどの実績がない限り高くなるとは言えないでしょう。
しかし、東京都の会社であれば、遠方からの発注も見込めます。それが日本の首都である東京という大都市の持つ力であると言えるでしょう。

とはいえ、スタートアップの段階でいきなり東京都内に事務所を構えることは現実問題難しいかもしれません。そのようなときに、安い利用料で一等地の住所を借りることができるバーチャルオフィスが役に立つのです。

プライバシーの保護

バーチャルオフィスの利用は、事業にとってプラス面があるだけではなく、日常生活においてもメリットがあるものです。

出費を限界まで切り詰めたいと考えている方の中には、バーチャルオフィスの利用にかかる料金も削りたいと考えている方もいるかもしれません。しかし自宅を会社オフィスにするというのは、その住所を名刺やホームページに記載することになり、プライバシー保護の観点から見るとかなりリスクが高いと言えます。特に若い女性であればストーカー被害に遭う危険性が高くなるでしょう。

また、賃貸マンションなどに住んでいる場合、契約上居住以外の利用を禁止していることが多々ありますので、事業を起こしていることが知られた際に違約金の支払いを命じられるケースもありますし、最悪強制退去もあり得ます。

バーチャルオフィスを利用することで、そのようなトラブルを未然に防ぐことができるようになるのです。

バーチャルオフィスならすぐに借りられる

バーチャルオフィスはすぐに利用可能な点も魅力です。レンタルオフィスや事務所などの賃貸契約をしようとすると、物件選びから内見・契約・審査などが必要です。結果的に1~2ヶ月ほど経ってからの入居となるため、すぐにオフィスを利用できるわけではありません。

また、レンタルオフィスの場合は「入居に必要な書類の数が多い」というデメリットも。入居申込書だけではなく、運転免許証などの「身分証明書」「住民票(法人の場合は登記簿謄本)」「印鑑証明書」などが必要になり、すべて揃えるまでに手間も時間もかかります。

一方バーチャルオフィスの場合は、運転免許証(または保険証)などの写真付き身分証明書か、住民票があれば申し込み可能です。法人の場合は身分証明書に登記簿謄本をプラスするだけなので、書類準備の手間も時間も少なくて済みます。しかもオンラインで申し込みが完結し、状況次第では即日審査も可能です。
利用スタートまでのタイムラグが少なく、使いたいときにすぐ使えるのは、バーチャルオフィスならではのメリットだといえるでしょう。

信用性につながる

バーチャルオフィスには、都心の住所が借りられるメリットもあります。
一般論として、「都心に会社がある」というのは大きなイメージアップになります。しかしスタートアップを決めた個人事業主やフリーランス、経営者は、そのすべてが都心に住んでいるわけではありません。中には地方にお住まいで、起業を決めた方もおられるでしょう。

バーチャルオフィスの中には、浜松町などのオフィス街や銀座、渋谷、新宿といった一流企業が名を連ねる都心の一等地住所が借りられるところもあります。また、プラン次第では東京の電話番号(03から始まる番号)を利用できる場合も。
全国的に知名度の高い場所を会社住所として使えるようになれば、クライアントや顧客、金融機関からの信用性もアップします。

バーチャルオフィスの住所・電話番号は、Webサイトや名刺にも記載が可能です。都心に住所を構えることで、事業や会社のブランディングにも活用できるのは大きなメリットだといえます。

バーチャルオフィスのデメリット

自宅住所の公開を防ぎながら信用性アップが期待できるなど、メリットも多いバーチャルオフィス。しかしその一方で、いくつかのデメリットもあります。

他社・他業種の人と住所が重複する

バーチャルオフィスの住所は審査に通ればどなたでも利用可能です。そのため数百~数千の事業者と同じ住所をシェアしている、とも言い替えられます。仮にクライアントや顧客がインターネットで住所を検索した場合、「同じ住所で別の会社がいくつも出てきた」ということにもなりかねません。
検索にヒットした同住所の会社の中に社会的信用の低い会社が含まれていると、イメージダウンにつながるおそれもあるでしょう。

ただしこの問題は、審査の際に身元確認を行うバーチャルオフィスを利用すればほぼ解決します。また、世間からのバーチャルオフィスに対する印象は、年々改善の兆しにあります。取引先や顧客などにていねいな説明を行えば、問題なく受け入れてもらえることも多いでしょう。

一部の業種では許認可が下りない

人材派遣業や不動産業、金融業、士業、古物商などで開業をする場合は、行政機関から許認可を得る必要があります。許認可を受けるには、秘密保持ができる応接スペース、仕切りなどを備えた「物理的な事務所」が必要です。しかしバーチャルオフィスはあくまでも住所や電話番号を借りるサービスですので、物理的な事務所スペースを借りられません。そのため申請をしても許認可が下りず、営業ができないのです。

郵便物の受け取りにタイムラグが生じる

バーチャルオフィスでは利用者宛に届いた郵便物を預かり、自宅などに転送してくれるサービスがあります。この転送サービスは月に4回程度である場合が多く、実際に手元へ届くまでにタイムラグが生じることになる点に注意が必要です。
バーチャルオフィスによっては郵便物が届いたことをメールで通知してくれたり、直接取りに行ったりできるところもあります。また、オプションで郵便物の都度転送を利用できる場合もあるため、上手に活用してみましょう。

バーチャルオフィスを選ぶ際のポイントや注意点

バーチャルオフィスでは、住所・電話・FAXを総合してレンタルすることができます。しかし、全てをレンタル出来る訳ではなく、一つ一つがオプションとなっていることがあります。基本料金の中に何が含まれているのか、あらかじめ確認することが重要です。

バーチャルオフィスを選ぶ際のポイントや注意点について詳しくはこちらの記事をご参照ください。

住所を借りる際のポイント・トラブル例
バーチャルオフィスは多くの起業家さまに向けてとても嬉しいサービスですが、気をつけたいポイントがいくつかあります。住所を借りる際も、住所を借りてからも、ポイントをしっかり抑えてスムーズな起業を目指しましょう。

掲載メディア

  • Yahoo!ニュース
  • スマニュー
  • LINE-NEWS
  • PRESIDENT-Online
  • 東洋経済オンライン
  • マイナビニュース
  • @niftyビジネス
  • FNNプライムオンライン
  • Infoseekニュース
  • iza(イザ!)
  • JBpress(日本ビジネスプレス)
  • NewsCafe
  • ORICON-NEWS
  • SEOTOOLS
  • ウレぴあ総研
  • エキサイトニュース
  • おたくま経済新聞
  • ジョルダンニュース!
  • とれまがニュース
  • ニコニコニュース
  • フレッシュアイ
  • マピオンニュース
  • 現代ビジネス
  • 財経新聞
  • 産経ニュース
  • 時事ドットコム
  • 朝日新聞デジタル&M
  • @DIME(アットダイム)
  • BIGLOBEニュース
  • Cubeニュース

東京都港区浜松町、
中央区銀座、
渋谷区神宮前、
新宿区西新宿、
横浜市西区エリア
業界最安値の
バーチャルオフィス

レゾナンスはお客様に分かりやすい
明朗会計を心掛けております。

東京都港区浜松町、中央区銀座、渋谷区神宮前、新宿区(西新宿)、横浜市(西区)の一等地の住所でのバーチャルオフィスは月額5,500円超が相場です。恐らく月額3,300円というところはほとんど無いかと思います。
しかもこの金額で郵便物等の転送手数料も無料、さらにはキャンペーン価格で郵便転送週1プランは1650円~、郵便転送月1プランは990円~です。

稀に弊社より低価格のところもございますが、基本料金以外の「郵便物の受け取り手数料」や「報告手数料」「転送手数料」等のオプションで
思わぬ金額が請求される場合がございます。
レゾナンスはお客様に分かりやすい明朗会計を心掛けております。格安料金で安心してご利用いただけるのがレゾナンスの最大の強みです!

新着お役立ちコラム

レゾナンスのバーチャルオフィスの利用者の声

スタッフさんの対応が丁寧で、これからも利用したい!

H.T(ネットショップ)

副業の法人化のタイミングから登記と郵便の転送を目的に利用しています。 今後は会議室の利用なども検討しているので追々相談させていただきたいです。 スタッフさんの応対も丁寧でこれからも利用していきたいバーチャルオフィスだと思います。

トラブルがないって大きくないですか?

NORIKO(士業)

コスパの良さに惹かれて他から移転しましたが、値段に対して提供している内容のクオリティが高く満足しております。 以前利用していたところは郵便物でトラブルが起きたり、対応について不満がありましたがこちらを利用してからそういった問題とは無縁ですね。 今後もお世話になりたいと思えるバーチャルオフィスです。

オフィスを借りる予定だったけどレゾナンス継続します!

横山くるみ(コンサルティング)

起業のタイミングから約2年間利用しています。 もともと会社の規模拡大に合わせて自社オフィスを借りる予定でしたが特に不満もないのでそのまま使わせてもらっています。 郵送物の送付も柔軟に対応して頂けて満足です。 テレワークを導入しているのでこのまま使わせて頂きます。

店舗にスタッフさんが常駐してるので急な来店もOK!

佐藤司(貿易業)

住所貸しだけでなく電話代行などのサービスも充実しているため、余計なストレスなく本来業務にあたることができます。 渋谷に行くことが多いので、ついでに郵便物を確認することもでき、その際受付の方が常駐しているのも安心です。

渋谷のバーチャルオフィスでは断トツではないでしょうか

三浦(デザイナー)

渋谷エリアで探していたところ金額的にも安かったためこちらに決めました。必要に応じて電話や郵便物の対応のオプションをつけられるので事業成長に応じた使い方ができて満足です。 他のオフィスは高かったり強制でオプションがつくのでこれからもこちらでお世話になります。

会員への事業支援サービスが充実していますね

誠二(プロダクション事業)

業種的にどうしても銀座に住所を置きたかったため利用しています。 銀座エリアだと料金が高いか住所が微妙になってしまうので・・・ 登記以外にも事業サポートが使えるようですのでこれからも楽しみです。

レゾナンスのバーチャルオフィスの利用者の声

スタッフさんの対応が丁寧で、これからも利用したい!

H.T(ネットショップ)

副業の法人化のタイミングから登記と郵便の転送を目的に利用しています。 今後は会議室の利用なども検討しているので追々相談させていただきたいです。 スタッフさんの応対も丁寧でこれからも利用していきたいバーチャルオフィスだと思います。

トラブルがないって大きくないですか?

NORIKO(士業)

コスパの良さに惹かれて他から移転しましたが、値段に対して提供している内容のクオリティが高く満足しております。 以前利用していたところは郵便物でトラブルが起きたり、対応について不満がありましたがこちらを利用してからそういった問題とは無縁ですね。 今後もお世話になりたいと思えるバーチャルオフィスです。

オフィスを借りる予定だったけどレゾナンス継続します!

横山くるみ(コンサルティング)

起業のタイミングから約2年間利用しています。 もともと会社の規模拡大に合わせて自社オフィスを借りる予定でしたが特に不満もないのでそのまま使わせてもらっています。 郵送物の送付も柔軟に対応して頂けて満足です。 テレワークを導入しているのでこのまま使わせて頂きます。

店舗にスタッフさんが常駐してるので急な来店もOK!

佐藤司(貿易業)

住所貸しだけでなく電話代行などのサービスも充実しているため、余計なストレスなく本来業務にあたることができます。 渋谷に行くことが多いので、ついでに郵便物を確認することもでき、その際受付の方が常駐しているのも安心です。

渋谷のバーチャルオフィスでは断トツではないでしょうか

三浦(デザイナー)

渋谷エリアで探していたところ金額的にも安かったためこちらに決めました。必要に応じて電話や郵便物の対応のオプションをつけられるので事業成長に応じた使い方ができて満足です。 他のオフィスは高かったり強制でオプションがつくのでこれからもこちらでお世話になります。

会員への事業支援サービスが充実していますね

誠二(プロダクション事業)

業種的にどうしても銀座に住所を置きたかったため利用しています。 銀座エリアだと料金が高いか住所が微妙になってしまうので・・・ 登記以外にも事業サポートが使えるようですのでこれからも楽しみです。

レゾナンスのバーチャルオフィスのよくあるご質問

  • Q. バーチャルオフィスのメリットは何ですか?

    A. 通常オフィスを借りる場合、賃貸料金保証金など高額な費用がかかりますが、バーチャルオフィスの場合は全てにかかるコストを抑えることができます。
    また、銀行口座の開設も可能となっております。

  • Q. バーチャルオフィスを利用する上で気をつけるポイントなどありますか?

    A. バーチャルオフィスは多くの起業家さまに向けてとても嬉しいサービスですが、気をつけたいポイントがいくつかあります。
    詳しくはこちらのページをご覧になってください。

  • Q. 申し込みしてから何日で住所利用ができますか?

    A. お申し込みいただいて即日~ご利用いただけます。

  • Q. 正式に契約するには何が必要ですか?

    A.

    【個人のお客様(個人事業主の方)】
    契約者様の現住所記載の顔写真付きの身分証明書1点、または、顔写真付き以外の中から2点必要となります。(住民票の場合は1点でOK)

    【法人のお客様】
    登記簿謄本(6ヶ月以内)1点と代表者様及び、契約担当者様の顔写真付き身分証 明書1点。顔写真付き以外の場合は顔写真付き以外の中から2点必要となります。(住民票の場合は1点でOK)
    ※代表者様以外の方が弊社との契約担当者となられる場合には委任状が必要です。

  • Q. 支払い方法を教えてください

    A. 銀行振込、口座振替、来店での現金でのお支払い、クレジットカード決済のいずれかとなります。

  • Q. 東京在住ではないが契約可能ですか?

    A. 日本国内在住の方であればご契約可能です。

  • Q. 郵送物は直接取りに伺っても大丈夫でしょうか?

    A. 事前にご予約頂ければ大丈夫です。
    郵便物のお引き取り時間については、平日の9時~17時まででしたらいつでも可能となっております。

  • Q. 書留などサインが必要な郵便物の受取も可能ですか?

    A. はい、お受け取り可能でございます。
    *但し現金のお受け取りは不可となっておりますので、ご了承ください。
    *その他、受取不可の郵便物については「郵便物転送業務のご案内」をご確認ください。

  • Q. 郵便物の転送先は変更可能ですか?

    A. レゾナンスでご契約いただけたお客様にはお客様専用ページをご用意しており、電話の応対内容や郵便物内容も即座にご確認いただけるシステムをご用意しております。そちらのお客様専用ページから変更申請いただければすぐに変更が可能となっております。

  • Q. 郵便物転送で、送り主に(実際に住んでいる)住所が漏れてしまうことはないですか?

    A. もちろんございません。皆様に安心してご利用いただけるようになっております。


【月額550円~】東京・横浜の格安バーチャルオフィスならレゾナンス
  • 法人登記・郵便物月末転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物があまり届かず、月1回の転送でも良いという方にオススメのプランとなります。

全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(ご利用規約に基づく)
法人登記・郵便物毎週末転送が付いております。
届いた郵便物・お荷物は、スピーディーにメールでご連絡を差し上げます。

  • 転送は週1回(金曜日)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
  • 全店舗 来店受取可能となります。
  • レゾナンスの姉妹店となっておりネットショップ運営者向けの店舗となります。
  • 転送は週1回(金曜日)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送
  • ご登録のショップ名宛ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)※税務署からの書類に限り個人名でお受け取り可能
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります
  • 法人登記・郵便物週1回転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物が頻繁に届く方で、週に1回必ず郵便物をチェックしたいという方にオススメのプランとなります。
  • スポット転送を指示すると、郵便物を即日に転送いたします。(1回500円)
  • ※9時~17時までの受付時間となります。

  • 郵便物転送(月1回 月末金曜日)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入不可
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
  • 全店舗 来店受取不可となっております。