バーチャルオフィス利用に適した人はどんな人?

起業を行う際に、バーチャルオフィスを利用したいと考えている方は、年々増加しています。
特に、企業に縛られるのではなく、自身の成果を発揮し、自身の会社を設立することは、サラリーマンにとっては夢でもあるのではないでしょうか。しかし、非常に便利で手軽なバーチャルオフィスの利用にあたっても、長所もあれば短所もあります。

その長所短所を検証しながら、ここでは「バーチャルオフィス利用に適した人はどのような人か」にてついてご紹介していきたいと思います。

事務所を構える夢を持つ人

バーチャルオフィスは、起業当初利用するには、とても有効的です。しかし、長期にわたりバーチャルオフィスを利用することは、企業風土を問われてしまう可能性もあります。

そのため、一時的にバーチャルオフィスを利用し、いずれは事務所を構えたいと考えている場合、バーチャルオフィスを利用するのに適していると言えます。

副業として起業する人

普段はサラリーマンとして働き、副業として起業を行う場合には、バーチャルオフィスを利用すると便利です。レンタルオフィスより格安ですし、ましてや普通の事務所を不動産会社を通じて借りるよりも、初期投資のリスクはけた違いに低くなります。バーチャルオフィスは非常に格安な料金設定をされているのが一般的ですので、初期費用も抑えることができます。

営業のみの起業を行う人

起業にも様々あり、営業のみを行い、販売は業者に委託することもあります。また、営業マンとして社員は一人で事務所には誰もいない職場となってしまう場合、事務所を構えたとしても諸経費がかさんでしまいます。

このように、営業のみを仕事とする場合には、事務所を構えるのではなくバーチャルオフィスを利用するほうが、仕事の効率もあがることを理解しておくことも重要です。特に、事務所仕事ではなく、外回りなどが多い仕事の場合には、バーチャルオフィスを利用するのに適している人となります。

ネットショップで出店する際に、特定商法取引表記の住所としてご利用できます。
発送元ご利用住所としてもご利用いただけます。
宛所不明郵便・荷物及び返品郵便・荷物で発送元に戻ってきたお荷物は、スピーディーにメールでご連絡を差し上げます。

  • 税務署からの書類、宛先不明等の差し戻りや返品の郵便または宅配便のみのお受け取りとなります。
  • ショップ名が不明及び、ご登録の無いショップ名はお受け取りできません、返還対応となります。
  • 上記以外(書留・請求書等)の郵便物及びお荷物を受取ご希望の場合はビジネス応援プランをご利用ください。

全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(ご利用規約に基づく)
法人登記・郵便物毎週末転送が付いております。
届いた郵便物・お荷物は、スピーディーにメールでご連絡を差し上げます。

・郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
・転送は週1回(金曜日)
※転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
※郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送