大手企業や官公庁を相手にしたビジネスには固定電話番号が必須! | 東京の月額1,500円格安バーチャルオフィスならレゾナンス

大手企業や官公庁を相手にしたビジネスには固定電話番号が必須!

転送電話なら用途に応じた電話番号を用意することが可能です

転送電話なら用途に応じた電話番号を用意することが可能です
企業における業態の変化に伴い、様々な部門や新事業に特化した部署が作られることが多くなってきます。
そのためプロジェクトごとに問い合わせ番号を設置する需要も出てくることでしょう。
そんな時にも転送電話サービスを利用することにより、事務所の電話機を回線工事や機器の入れ替えをすることなく簡単に電話番号を追加して着信させることが可能となります。
またプロジェクトの期間に限定した番号の取得も可能となり、社外に公開する問い合わせ番号として利用する場合はセキュリティーを保つ上でも有効な手段です。

転送電話サービスを利用してサポートダイヤルを設置できます

転送電話サービスなら、製品サポートやアフターサービスの拠点として
設置したい地域に事務所を構えずに電話番号のみを取得することが可能です。
例えば本社と工場を地方に構える会社が東京都内のお客様向けにサポートダイヤルを設置するような利用ができます。
フリーダイヤルにて対応する方法もありますが、一部の電話からは発信が制限される場合もあり、
市外局番のある通常の電話番号を併せて用意したほうがお客様側での選択の幅が広がり印象も良いようです。

転送電話なら急な事業規模の変更にも対応できます

都内に支店や営業所をお持ちの企業様でビジネス拠点の再構築を検討されているようでしたら、
電話転送を利用して都内の電話番号を残しつつ拠点の整理をする方法があります。
景況や企業の業態変化の激しい世の中となり、
遠隔地の事務所等の固定費抑制は重要な課題になってきておりその時の変化に応じたビジネス環境を整える必要性があります。
しかし、今まで開設していた事務所を突然閉鎖したり、郊外へ移転をしてしまうと取引先には宜しくない印象を与えるだけでなく、サポート体制の低下等の信用問題につながる可能性があります。

携帯女性

転送電話サービスを利用すれば最小限のコストで拠点を設置できます

転送電話サービスなら、新たな電話番号をレンタルして本社や他の事務所の電話番号を登録し着信を転送させることが出来ます。
物理的な事務所が必要な場合はレンタルオフィスも併用することにより、最小限の人数で拠点を継続することが出来ます。
将来的には転送電話のみでバーチャル拠点を設置して商談等が必要なときのみ都内で業務を行うことも可能になります。
この方法は地方に本社機能をもつ企業が都内の拠点規模の見直しを行う場合や、
個人事業主の方で増やした拠点を整理したり、ビジネス用の事務所を閉鎖して自宅を事務所に利用する方法としてお勧めの手段です。

転送電話なら拠点の設置場所を問いません

転送電話を利用した場合、どこにいても携帯電話など登録した電話で、電話を受け取ることができ、
事務所に電話番の為の人員を置く必要がなくなります。
また別の事務所の人員による電話応対でその事務所を廻すこともできます。

サポート拠点の整理にも転送電話は活用できます

転送電話サービスを利用すれば、サポート拠点として出張所を多く設置している企業様の拠点見直しに伴う統廃合も可能になります。
急な拠点数の削減は業績に対してマイナスイメージを与えてしまいますが、
転送電話サービスによりその拠点にあった地域の電話番号を残すことにより、お客様や取引先には迷惑をかけない形での対応が可能です。