バーチャルオフィスの活用 | 東京の月額1,500円格安バーチャルオフィスならレゾナンス

バーチャルオフィスの活用

バーチャルオフィスの様々な活用方法

ネットショップを開業したい

ネットショップを開業する時に、特定商取引法の表示をしないとネットショップは開業できません。
特定商取引法とは、販売価格、代金、支払い方法の表示に加え、
事業者の名前と住所と電話番号の表示をしないといけないことになっています。
これらを表示していないとネットショップを開業することができません。

ネットショップを開業したいけれど自宅の住所を公開することで何かのトラブルに巻き込まれる可能性はあります。
プライバシーのことを考えても自宅の住所を公開したくないという事業者の方は多いです。

さらに、バーチャルオフィスを利用することで電話番号の取得も同時に行うことができます。
格安バーチャルオフィス + 03格安転送電話サービス

 

宅急便・郵便物の転送

荷物の受け取りと転送サービスに対応しています。
あなたが不在の時にバーチャルオフィスで郵便物や仕入れのための商品を受け取って、指定先の住所に送ってもらうことも可能です。

 

ストーカー対策やプライバシー対策にも

ストーカー対策のためにも、自宅の住所を公開せずにバーチャルオフィスの住所をを活用することで、
会社の住所として取引き先や顧客に教えることができ、ストーカー対策などのトラブルを回避することができます。
このように、バーチャルオフィスを活用することで、プライバシーの問題を解決することができます。