バーチャルオフィスの活用

バーチャルオフィスの様々な活用方法

ネットショップを開業したい

ネットショップを開業する時に、特定商取引法の表示をしないとネットショップは開業できません。
特定商取引法とは、販売価格、代金、支払い方法の表示に加え、
事業者の名前と住所と電話番号の表示をしないといけないことになっています。
これらを表示していないとネットショップを開業することができません。

ネットショップを開業したいけれど自宅の住所を公開することで何かのトラブルに巻き込まれる可能性はあります。
プライバシーのことを考えても自宅の住所を公開したくないという事業者の方は多いです。

さらに、バーチャルオフィスを利用することで電話番号の取得も同時に行うことができます。
格安バーチャルオフィス + 03格安転送電話サービス

 

宅急便・郵便物の転送

荷物の受け取りと転送サービスに対応しています。
あなたが不在の時にバーチャルオフィスで郵便物や仕入れのための商品を受け取って、指定先の住所に送ってもらうことも可能です。

 

ストーカー対策やプライバシー対策にも

ストーカー対策のためにも、自宅の住所を公開せずにバーチャルオフィスの住所をを活用することで、
会社の住所として取引き先や顧客に教えることができ、ストーカー対策などのトラブルを回避することができます。
このように、バーチャルオフィスを活用することで、プライバシーの問題を解決することができます。

  • 法人登記・郵便物月末転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物があまり届かず、月1回の転送でも良いという方にオススメのプランとなります。

全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(ご利用規約に基づく)
法人登記・郵便物毎週末転送が付いております。
届いた郵便物・お荷物は、スピーディーにメールでご連絡を差し上げます。

  • 転送は週1回(金曜日)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
  • 全店舗 来店受取可能となります。
  • レゾナンスの姉妹店となっておりネットショップ運営者向けの店舗となります。
  • 転送は週1回(金曜日)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送
  • ご登録のショップ名宛ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)※税務署からの書類に限り個人名でお受け取り可能
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります
  • 法人登記・郵便物週1回転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物が頻繁に届く方で、週に1回必ず郵便物をチェックしたいという方にオススメのプランとなります。
  • スポット転送を指示すると、郵便物を即日に転送いたします。(1回500円)
  • ※9時~17時までの受付時間となります。

  • 郵便物転送(月1回 月末金曜日)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入不可
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
  • 全店舗 来店受取不可となっております。