独占禁止法とはどんな法律? 起業時に知っておくべき基礎知識をわかりやすく解説!

企業同士は競争しながら自社の消費、サービスを供給しています。一般消費者は自分に合う商品やサービスを選んで購入・利用することで、利益を得られます。
しかし、このサイクルは「特定の事業者が市場を独占すること」で崩壊し、さまざまな弊害が表れます。この弊害を防ぐ法律が『独占禁止法』です。

ここでは、独占禁止法の概要や規制内容、違反した場合の罰則を解説します。事業主や事業主を目指している方は、ぜひ内容を理解し、経営に役立ててください。

【概要】独占禁止法とはどんな法律?

独占禁止法(私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律)とは、事業者に対する法律です。
ここでいう「事業者」には大小さまざまな規模の事業者(中小企業含む)が含まれています。

独占禁止法が施行されている最終目的は、「事業者間の公正かつ自由な競争」および「一般消費者の利益を守ること」です。

市場はさまざまな事業者が競争を行うことで活発化され、消費者は「良いものが安く買えた」「ニーズに合う商品・サービスにめぐり合えた」というような“利益”を享受できます。

しかし、特定の事業者が市場を「独占」してしまうと、自由で公正な競争がなくなり、消費者にとって損が生じる可能性があります。また事業者が別の事業者に対し不当な行為、不利益が生じる行為などを行ったとき、被害を受けた事業者は自由な活動ができません。

こうした「独占行為」、および「不当行為」を防ぐ法律が、独占禁止法です。

独占禁止法を制定することで、事業者が正しい競争をし、市場を成長させられるようなるのです。
その結果、一般消費者の利益も守られることにつながります。

独占禁止法ではどんなことが規制される?

公正かつ自由な競争を実現し、消費者の利益を守る「独占禁止法」では、以下のような規制があります。

  • 私的独占の禁止
  • カルテルや談合(不当な取引制限)の禁止
  • 事業者団体の規制
  • 企業結合の規制
  • 独占的状態の規制
  • 不公正な取引方法の禁止

それぞれ具体的に見ていきましょう。

私的独占の禁止

私的独占は、分かりやすく言うと「自社で市場を独り占めすること」を指します。

【私的独占にあたる行為】

  • 原価割れなどの不当な低価格販売
  • 取引相手に対し、競合他社との取引をしないよう働きかけること(排他的取引)
  • 主力商品と別の商品を抱き合わせで販売する行為
  • 特定事業者に対し、商品の供給を絶つこと(供給拒絶や差別的取り扱い)
  • 株式取得等で競合他社の支配権を獲得する行為

これらの行為は私的独占にあたるとして、独占禁止法第3条で禁止されています。

カルテルや入札談合(不当な取引制限)の禁止

カルテルとは、商品・サービスの価格や販売(生産)数量を、あらかじめ事業者同士で話し合い決める行為を指します。

また入札談合とは、公共工事、公共調達等の入札に際し、事業者間で受注先、受注金額を決めておく行為です。

これらは公正かつ自由な競争の促進、および消費者の利益を阻害する行為として、独占禁止法第3条で禁じられています。

事業者団体の規制

協会や組合といった事業者の団体が主導し、不当な競争制限を行ったときにも、独占禁止法違反にあたる場合があります。

【禁止行為】

  • 特定の取引分野においての競争を実質的に制限する行為
  • カルテルや入札談合、または「不公正な取引方法」を含む国際的な協定、契約の締結
  • 一定の事業分野での事業者数の制限(現在、将来を含む)
  • 事業者団体を構成する事業者に対し、機能や活動の不当な制限をする行為
  • 事業者に「不公正な取引方法」へあたる行為を強制すること

企業結合の規制

企業結合とは、かんたんに言うと「M&A」のことです。

M&Aによって事業支配力が極端に集中したり、事業者間の競争を(実質的に)制限してしまったりするケースは珍しくありません。このような状況で、実質的に“公正で自由な競争”を阻害する可能性があるM&Aについては、独占禁止法第9条以下で禁止されています。

独占的状態の規制

独占禁止法で定める“独占的状態”に該当する事業者は、競争回復措置命令を下される場合があります。
独占的状態とは、以下の5つをすべて満たした状態です。

【独占的状態の定義】

  • 1企業の市場規模が1,000億円を超える
  • 1社が占める市場シェアが50%を超えている、または2社合計で市場シェア75%を超える
  • 新規参入が著しく困難になる事情を有している
  • 需給バランスを参照したとき、相当期間中に商品やサービスの著しい価格上昇がある(または低下がごくわずかである)
  • 特定の事業者が標準的な利益率に対し、大幅に超過した利益を得ている(または、大幅に超過した販管費を支出している)

特定の事業者が独占的状態にある、と判断された場合、公正取引委員会によって「競争回復措置命令」が施されます。これは、独占状態をなくし、他の事業者との公正で自由な競争ができる環境を作るためです。

不公正な取引方法の禁止

「不公正な取引方法」とは、他事業者に対して不当に取引を拒絶したり、差別的な扱いをしたりする行為を指します。また、不当に安価で供給をしたり、高値で購入したりして他の事業者を排除する行為、マルチ商法などの“ぎまん的顧客誘引”などの行為も不公正な取引方法として禁止されています。

独占禁止法とかかわりの深い「下請法」とは?

「下請法」は、独占禁止法をカバーするための法律です。
独占禁止法では、元請けから下請けに対する「優越的地位」の濫用を防ぐことを目的としています。

【「優越的地位」の濫用として元請けに禁止されている行為】

  • 下請け業者に対する代金、報酬の支払い遅延
  • 代金や報酬の不当な減額
  • 注文した物品等の受領拒否
  • 受け取った物の返品
  • 買いたたき(市価に比べて不当かつ著しく低い下請代金を定めること)
  • 元請けが指定する物やサービスを強制購入、利用させる など

参考リンク:親事業者の禁止行為:公正取引委員会

これらの中には独占禁止法で規制されている行為もありますが、元請け(親事業者)と下請け事業者の“縦関係”に特化した規制はありません。この抜け穴ともいうべき関係性に特化し、設けられたのが下請法なのです。

独占禁止法違反をするとどんな処分・罰則がある?

独占禁止法に違反した事業者は、公正取引委員会から「排除措置命令」「課徴金」などの処分が下されます。
また内容が悪質だった場合は、刑事罰に問われる可能性もあります。

参考リンク

排除措置命令

独占禁止法に違反した事業者に対し、違反行為を排除するため必要な措置を命ずること「排除措置命令」といいます。排除措置命令では、違法状態の除去や競争秩序の回復、再発防止などの措置を命じられます。

排除措置命令に違反した場合、独占禁止法第97条に則って、50万円以下の過料が課せられます。

課徴金

独占禁止法違反にあたる事業者は、内容によって課徴金の納付を命ぜられるケースがあります。
この課徴金は刑事罰、過料とは別途で請求されるものであり、以下の計算式で課徴金額が決定されます。

違反期間中の対象商品やサービスの売上額(または購入額) × 課徴金算定率

「不当な取引制限」を行った場合や「支配型私的独占」を行った場合は、「違反期間中の財産上の利益に相当する金額」が加算される点に注意しましょう。

なお課徴金算定率は、課徴金の対象行為の種類に応じて1~10%の幅があります。
特に「不当な取引制限」「支配型私的独占」については課徴金算定率が10%と高く設定されているのが特徴です。

なお、課徴金には減免制度もあります。これは、違反発覚前に公正取引委員会へ違反内容を自主報告すると、課徴金の減免を受けられる可能性があるという制度です。

また、2019~2020年にわたって施行された「改正独占禁止法」では、調査への協力度合いによっても減免率が変化する制度(調査協力減算制度)が新たに追加されています。

損害賠償請求

独占禁止法に違反した場合、被害者から損害賠償請求が行われる場合がほとんどです。
ひとたび損害賠償請求が出されたら、企業は故意や過失がなかったとしても、必ず損害賠償責任を果たさなくてはなりません。
このことは独占禁止法25条で規定されています。

独占禁止法の存在意義や規制内容を正しく把握しよう

事業者どうしの自由な競争を確保する「独占禁止法」は、事業者のためではなく、あくまでも消費者のための法律です。消費者はどうしても立場が弱くなりがちであり、その利益を守る法律が独占禁止法、特定商取引法などの法律だといえるでしょう。

事業者は「消費者の利益を害さない」という責任を持つとともに、独占禁止法の存在意義や規制内容、罰則などについて正しい理解を深めましょう。そのうえで、独占禁止法に抵触しない事業活動を心がけるべきです。

  • 法人登記・郵便物月末転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物があまり届かず、月1回の転送でも良いという方にオススメのプランとなります。

全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(ご利用規約に基づく)
法人登記・郵便物毎週水曜転送が付いております。
届いた郵便物・お荷物は、スピーディーにメールでご連絡を差し上げます。

  • 転送は週1回(水曜)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送
  • 郵便物は無料で写真送信
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
  • 全店舗 来店受取可能となります。
  • レゾナンスの姉妹店となっておりネットショップ運営者向けの店舗となります。
  • 転送は週1回(水曜)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送
  • 郵便物は無料で写真送信
  • ご登録のショップ名宛ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)※税務署からの書類に限り個人名でお受け取り可能
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります
  • 法人登記・郵便物週1回転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物が頻繁に届く方で、週に1回必ず郵便物をチェックしたいという方にオススメのプランとなります。
  • スポット転送を指示すると、郵便物を即日に転送いたします。(1回500円)
  • ※9時~17時までの受付時間となります。

  • 郵便物都度転送オプションを追加すると、郵便物を即日に転送いたします。(月1,100円)
  • ※6か月年払いコース・1年払いコースのお客様は次回更新日までのご請求が必須となります。
    【例】
    次回更新日まで残り4か月の場合・・
    1,100円×4か月分=4,400円

受信料:1枚10円
転送費:1枚100円

※デポジットより差し引き

受信料:1枚10円
転送費:1枚100円

※デポジットより差し引き
(お客様で送受信される場合、転送費は発生いたしません)

  • 送料はデポジットより差し引きとなります。
  • 月1回転送プランの方は追加不可
  • (スポット転送(1回500円)をご利用下さい)

  • 電話代行受付時間:月~金 9:00~18:00
  • (祝祭日、年末年始夏季休養日除く)

*個人契約は2つ目の登録の場合、法人契約は法人名以外でのお受取を希望の場合に追加が可能です。

  • 郵便物転送(月1回 月末水曜)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入不可
  • 郵便物は無料で写真送信
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
  • 全店舗 来店受取不可となっております。