起業するためには5つの「必要なもの」がある! 成功するアイデア&仲間の見つけ方

起業するためには「年齢」「性別」などは重要ではありません。極端に言えば、今日から、誰でも起業が可能です。ただし、起業を「成功」させるには、さまざまな要素が必要になります。

ここでは起業で知っておきたい5つの「必要なもの」や、アイデア出しのポイント、起業仲間の見つけ方について深掘りしていきます。「起業してみたい」という方は、ビジネスを始める際の参考にしてみてくださいね。

起業するためにはまずこれが必要! 重要なもの5つ

起業するためには、何が必要になるのでしょうか。

  • 情熱
  • アイデア
  • ビジネスのビジョン(事業計画)
  • 資金
  • マインド

順を追ってご説明します。

①情熱

起業は苦労の連続でもあります。苦労を乗り越えて成功を掴むには、「ビジネスで世の中を変えたい」という“情熱”が必要不可欠となります。

強い情熱を持ち、ひとつの目標に向かって努力ができる人は、起業して成功の道を歩むことができるでしょう。

②アイデア

起業するためにはビジネスの「アイデア」も重要です。起業を成功させるには、既存のビジネスにはない「新たな価値」「ニーズに合った商品・サービス」を生み出す必要があります。
アイデアを考える際は、既存のビジネスからヒントを得るほか、「人々の困りごと」「社会的な課題」などから発展させて連想していく方法もあります。

③ビジネスのビジョン(事業計画)

アイデアはそのままだと「思い付き」であり、ビジネスとしては不十分です。
起業するためには、アイデアをうまく事業計画へ落とし込み、ビジョンとして形にする必要があります。

  • どのような顧客が対象で、ニーズをどうやって満たすのか
  • 商品やサービスの市場規模はどの程度か
  • 競合と比べた場合の差別化ポイントは何か
  • 商品、サービスの競争力をどうやって維持するのか
  • 商品、サービスの成長プロセスはどのようなものか

このようにさまざまな視点からビジネスを考え、評価し、事業計画へと昇華していかねばなりません。

④資金

起業するためには資金も必要不可欠です。

いくら情熱があり、豊富なビジネスアイデア・計画を持っていても、お金がなければ実現は難しいもの。
自己資金として貯めるのはもちろん、投資家からの出資や融資、補助金、クラウドファンディングなどさまざまな手段で資金を確保する必要があります。

⑤マインド

①の情熱と共通点も多いのですが、起業するためにはビジネスを「継続」していくマインドも重要です。

  • プラス思考
  • 苦難を乗り越えるために努力を続けられる精神力、忍耐力
  • 行動力
  • 情報に対し常にアンテナを張り巡らせる好奇心
  • 自己管理能力

起業して初めから事業が順調に進むケースはごくわずかです。起業家として成功した人々の多くは、なかなか結果が出ない苦労を抱えながらも、「常に最善の選択を考え、とことんやり抜くマインド」の強さで結果を残しています。

起業するためには「得意なこと×困りごとの解決」を考える

起業するためには5つのものが必要とお伝えしましたが、そもそも「起業したいけれど、アイデアが思い浮かばない」という方も多いのではないでしょうか。

漠然と起業したいと思っていても、具体的なビジネスアイデアが浮かばなければなかなか第一歩を踏み出せないものです。ここでは、ビジネスのアイデアを生み出すためのヒントをお伝えします。

自分の得意なことからアイデアを考える

起業するためには、アイデアを考えることが第一歩です。

起業アイデアを考える際には、まず「自分が得意なこと、努力しなくてもできること」をリストアップしてみましょう。自分が他の人よりも突出して優れていることがあるのならば、それを軸に新たなビジネスを考えるほうが成功に近付きやすくなります。

たとえば「文章を書くのが得意」という場合は、ライティングスキルを活かせる仕事を。「プログラミングが得意」という場合は、プログラミングを活用したビジネスをベースに、アイデア出しをするとよいでしょう。

得意なこと×「不便」「困りごと」が解決できるビジネスへ発展させる

自分が得意なことが分かったら、「世の中にない商品・サービスとのかけ合わせでビジネスが成立するか」を考えてみましょう。既存ビジネスの後追いをしても、すでに活躍している起業・事業家との競合には勝てないからです。

このときおすすめなのが、「人の困りごと」「世の中で不便だと感じたこと」を解決するためのアイデアを考えることです。

「不便なのが当たり前」という物事は日常生活にごまんとあります。そしてその不便さ、困りごとには「お金を払ってでも解決したい!」という潜在ユーザーが数千、数万単位で存在します。

人々が共通して持っている不便さ、困りごとを解決できる商品・サービスが生み出せれば、事業の大ヒットも夢ではありません。逆に言えば、人々のニーズを満たせない商品・サービスを供給しても、需要がないため事業は失敗に終わるでしょう。

起業するためには情報収集を欠かさない

起業するためには、普段から周りの人たちやネット、SNSなどでリサーチをする習慣をつけましょう。
第三者の話やインターネットには、人々の「困りごと」を見つけるヒントが転がっています。

事実、起業をして成功した会社の中には、自分の家族や社員の困りごとをきっかけにサービスを開発して大ヒットをおさめた会社も多いのです。

この一例として、ネットショップが簡単に作れる「BASE」というサービスがあります。

株式会社BASEの創業者・鶴岡裕太氏が自身の母親に言われた「ネットショップを作ってみたいけれど、難しくてよく分からない……」という“困りごと”がきっかけで創業しました。
以降、BASEは着実に業績を伸ばし、「ネットショップ開設実績5年連続No.1 」という快挙を達成しています。

起業するためには「同じ志を持つ仲間」との出会いも重要

起業するためには、同じ志を持つ仲間を見つけるのも重要です。

1人で起業することは十分可能ですし、実際に1人で起業してから会社規模を拡大し、大企業となった会社も実在するのは確かです。

ただし、とある調査では「1人起業と2人で起業する場合を比較すると、1人起業は事業成功までに3.6倍の時間を要する」という結果も。

スモールビジネスであれば事足りるかもしれませんが、将来的にビジネスを育て、会社規模を大きくしたいという場合は“同志”を見つけるべきです。

起業仲間を見つけるには?

起業仲間を見つけるにはさまざまな方法があります。

  • 友人や知人、家族と起業する
  • 同じ会社で働く同僚、上司を誘う
  • 起業セミナーなどで人脈を作る
  • 起業仲間を探せる掲示板サービスを利用する
  • 起業マッチングサービスを利用する
  • SNSで起業仲間を探す

起業仲間は誰でもよいわけではない

ただし、起業したいからといって誰でもよいわけではありません。
起業仲間は、起業後に苦楽を共にする「ビジネスチーム」の一員でもあります。

「組織に必要な人材か?」
「ビジネスに対し同じ価値観・モチベーションを持っているか?」
「ビジネスに対し真摯に、かつ前向きに取り組める人物か?」

起業仲間を探す場合は、これらの視点から厳しくチェックし、条件に適う人をチームとして引き入れるようにしましょう。

起業するためには手続きが必要! 起業の種類

起業について必要なものが揃ったら、起業手続きを進めていきます。

起業の方法には大きく分けて個人事業主として開業するか、会社を設立する方法があります。
それぞれを簡単に比較してみましょう。

個人事業主会社(法人)の設立
必要な手続き開業届の提出
  • 定款の作成、認証
  • 法人登記
  • その他各種手続き
起業時にかかる費用無料
  • 定款の認証:約5万~
  • 法人登記:約6~25万円
    (会社形態により異なる)
  • 資本金:1円~
    (株式会社、合同会社の場合)
社会的信用低い高い
メリット
  • 無料で開業できる
  • 開業手続きがかんたん
  • 社会的信用が高く融資などで有利に
  • 株式会社の場合は株式発行で資金調達ができ、融資に頼らない経営も可能
  • 個人事業に比べて税率(法人税)の優遇がある
  • 赤字(欠損金)の繰越が10年まで可能
デメリット
  • 累進課税制のため、所得が増えるほど税率が高くなる
  • 社会的信用が低く、融資に不利になる場合がある
  • 青色申告でも赤字(欠損金)の繰越が3年までしかできない
  • 法人化の手続きが複雑
  • 赤字でも法人住民税が発生する

個人事業主と法人を比較すると、個人事業主は手続きがかんたん、かつ費用も掛からない点がメリットです。ただし社会的な信用は低く、融資などで不利になる場合もあるでしょう。

一方、会社を設立する場合はまとまった設立費用が必要になり、設立前後の手続きも多いです。しかし、社会的な信用は高く、税制の優遇がある点は魅力だといえます。会社形態が株式会社であれば、株式の発行により資金調達がしやすいでしょう。

どちらの起業方法が適しているかはビジネスの規模、スタイルによっても異なります。

ただ、もし仲間と本格的に事業として展開していきたいのであれば、会社設立がおすすめです。長い目で見てどちらがよいのかを判断してみましょう。

起業するためには必要なものがたくさん! 段階的に準備を進めよう

起業するためには、まずは必要なものが備わっているかを確認しましょう。足りなければこれから揃えていけば大丈夫です。そのうえで成功できそうなビジネスアイデアを考えましょう。

ここまでくれば、あとは行動するのみです。ご自身のアイデアを実現させ、ビジネスで社会貢献を目指してみてはいかがでしょうか。

ただし、起業には当然リスクもあります。行き当たりばったりの起業ではなく「段階的に準備を進めること」が、起業を成功させる秘訣です。

  • 法人登記・郵便物月末転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物があまり届かず、月1回の転送でも良いという方にオススメのプランとなります。

全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(ご利用規約に基づく)
法人登記・郵便物毎週末転送が付いております。
届いた郵便物・お荷物は、スピーディーにメールでご連絡を差し上げます。

  • 転送は週1回(金曜日)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
  • 全店舗 来店受取可能となります。
  • レゾナンスの姉妹店となっておりネットショップ運営者向けの店舗となります。
  • 転送は週1回(金曜日)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送
  • ご登録のショップ名宛ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)※税務署からの書類に限り個人名でお受け取り可能
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります
  • 法人登記・郵便物週1回転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物が頻繁に届く方で、週に1回必ず郵便物をチェックしたいという方にオススメのプランとなります。
  • スポット転送を指示すると、郵便物を即日に転送いたします。(1回500円)
  • ※9時~17時までの受付時間となります。

  • 郵便物転送(月1回 月末金曜日)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入不可
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
  • 全店舗 来店受取不可となっております。