ノマドワーカーとはどんな働き方? メリット・デメリットや目指す方法を解説

近年は決まったオフィスを持たずに働く「ノマドワーカー」が増えています。会社に窮屈さを感じ、「ノマドワーカーに憧れている」という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ノマドワーカーとはどんな働き方なのか、メリット・デメリットを解説します。ノマドワーカーに向いている職業や、ノマド生活をするために必要なアイテムについてもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ノマドワーカーとは? 特徴や働き方

ノマドワーカーの「ノマド(nomado)」とは、「遊牧民、放浪者」のこと。
つまりノマドワーカーとは、「特定のオフィス・拠点を持たず、場所を転々としながら働く人」を指します。

【ノマドワーカーの特徴】

  • 特定の拠点(オフィス)を持たず働く方式である
  • 時間、場所に関係なく仕事が可能
  • 自身の裁量で仕事の量、働き方を決める

会社員の場合、毎日決まったオフィスへ出勤して働く……という形式が一般的ではないでしょうか。
それに対しノマドワーカーは、「今日は自宅で作業」「カフェで企画出しをする」「集中したいのでコワーキングスペースで仕事」というふうに、自分で働く場所を選べるのが特徴です。

ノマドワーカーとテレワークはどう違う?

ノマドワーカーとテレワークは、どちらも「オフィス以外の場所で仕事をする」という共通点があります。ただしテレワークの場合は「決まった拠点がある」という点が大きな違いです。

テレワークはもともと「離れた場所(tele)で働く(work)」という意味です。しかし本来の拠点はあくまでもオフィスであり、「自宅やカフェなどの離れた場所で仕事をするだけ」にすぎません。
業務時間も基本的に会社の勤務時間と連動しており、自分の裁量で仕事時間を決められないケースも多いのです。

【テレワークの特徴】

  • 拠点をベースとし、オフィス以外の場所で仕事をすることを指す
  • 業務時間はオフィスの勤務時間と連動している
  • 会社主導で実施される

一方ノマドワーカーは、決まった拠点を持つことなく仕事を行います。仕事をする時間にも縛りがないため、早朝や夜中に作業をしても咎められることはありません。

時間・場所だけではなく、物理的なオフィスにも縛られないのが「ノマドワーカー」の特徴です。

フリーランス=ノマドワーカーではない

もともとフリーランスは、業務委託で生業を行う「契約形態」のことを指します。しかしフリーランスには、在宅で活躍されている方もいれば、企業へ常駐する形で働いているフリーランスの方もいます。
後者(常駐型)の場合は決まったオフィスを拠点としているため、ノマドワーカーの条件には当てはまりません。

そもそもノマドワーカーは「拠点を持たずに働く」という働き方のこと。そのためフリーランスだけではなく、正社員や副業であっても、特定のオフィスを持たずに働く方は総じて「ノマドワーカー」です。

ノマドワーカーになるメリットは? デメリットも合わせてチェック

ノマドワーカーとして働くメリットについては、なんとなく想像がつく方も多いはず。一方、デメリットについては少し想像が難しいのではないでしょうか。
ノマドワーカーになるメリット・デメリットや、どのような人が向いているかをチェックしてみましょう。

ノマドワーカーになるメリットは?

  • 組織や場所、時間に縛られず自由に働ける
  • 通勤の負担がなく、時間を有効活用できる
  • 人間関係のわずらわしさ、ストレスがない

PCひとつあれば働けるノマドワーカーは、オフィスへの出社も必要ありません。自宅やカフェ、コワーキングスペースなど、自分の好きな場所で働くことができます。その気になれば旅行先のホテルで、絶景を見ながらでも仕事ができるのです。

また通勤時間が不要なため、その時間を趣味や家事、自己研鑽など他のことへ有効活用できるのもノマドワーカーの利点でしょう。

ほかには、人間関係のストレスなく働ける点もノマドワーカーのメリットでしょう。決まったオフィスへ出社するとなると、毎日同じ人たちと顔を合わせることになります。しかしその全員がウマの合う人とは限りません。人間関係でトラブルが起こった場合、自分が思っている以上にストレスを感じるものです。

しかし決まったオフィスを持たず、特定の人と毎日を過ごさないノマドワーカーなら、そのような対人関係のストレスとも無縁です。

ノマドワーカーのデメリットは?

自由な働き方ができるノマドワーカーですが、その分デメリットもあります。

  • 飲食代、場所の利用料金などのコストがかかる
  • 強い自己管理力が求められる
  • セキュリティ面に厳重な注意が必要

ノマドワーカーには場所利用コストがかさみやすいのがデメリットです。
たとえばカフェを利用する場合は飲食代が、コワーキングスペースやホテルを利用するなら利用料金・宿泊代がそれぞれ必要になります。

またノマドワーカーは、時間や場所に縛られない働き方ができる反面、強い自己管理力も求められます。周りの目が無いとやる気が出ないという人は、生産性を落とさない努力が必要になるでしょう。

そのほかノマドワーカーには、情報セキュリティに対する意識も求められます。
よくあるのが「カフェで第三者にPC画面を覗き見され、機密情報の漏洩が起きた」「データを紛失した」という事例です。
こうしたトラブルにより損失が起こった場合、クライアントの信用低下や賠償問題に発展する可能性も。ノマドワーカーとして信用を得るには、あらかじめ覗き見やデータ紛失の予防策を講じる必要があります。

ノマドワーカーを目指すには? おすすめの職業4つ

ノマドワーカーの働き方に向いているのは、「パソコンが1台あれば仕事ができる職業」です。
実際には以下のような職業がノマドワーカー向きだといえます。

ITエンジニア

企業のシステム開発やアプリ開発などを行うITエンジニア。在宅で働いているフリーランスエンジニアの中には、ノマドワーカーとして様々な場所で仕事を行う方も多く見られます。

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトのデザイン設計や企業ロゴの作成を手掛けるのが主な仕事です。ネット環境とPC、デザインに必要なソフト(Photoshop、Illustratorなど)があればどこでも仕事が可能なため、ノマドワーカー向きの職業だといえます。

ライター

ノマドワーカー向きの職種には「ライター」もあります。ライターはWebサイトや雑誌などに掲載する記事・コラムを執筆するのが主な仕事です。取材ありの場合は相手の企業へ訪ねる場合もありますが、執筆作業自体はPCとネット環境があれば仕事ができます。

Webマーケター

WebマーケターはSEO対策や広告、SNS販促などで企業のWebマーケティングを行い、収益アップを目指す職業です。Webを通じたやりとりが基本であるため、オフィスを持たずとも仕事が成立する点が魅力です。多角的な知識、数字の分析などのスキルが求められるほか、コミュニケーション能力も重要となります。
Webマーケターの中には会社で経験を積んで独立、フリーランスとして活躍されている方も多く見られます。

ノマドワーカーになるため最低限準備しておきたいものは?

「ノマドワーカーとして自由に仕事がしたい」と考えたとき、必要なものは以下のとおりです。

★ノートPC、タブレット等のデバイス
★安定したネット環境(出先での作業用ポケットWi-Fi)
・スマートフォン
・ビジネスチャットツール
・作業に必要なツール、アプリケーション

この中でも特にこだわりたいのがPC等のデバイスと、ネット環境です。

作業に使うツールに対しPCのスペックが不足している場合、快適に作業ができません。特に画像編集や動画編集などをする場合は、ある程度ハイスペックなPCでないと正常な動作が期待できないため、注意が必要です。

また、カフェなどのオープンスペースで作業する場合はポケットWi-Fiを準備しておくと良いでしょう。

ホテルやコワーキングスペース等ではセキュリティ性の高いWi-Fiが利用できるケースも多いです。しかしカフェ等で使えるWi-Fiは、セキュリティが脆弱であったり、十分な速度が出なかったりする場合も少なくありません。ポケットWi-Fiで自分専用の回線を用意しておけば、快適かつ安全に作業が進められます。

そのほかには連絡用のスマートフォンやチャットツール、仕事に必要なツールを準備しておけばOKです。

好きな場所で仕事がしたい人はノマドワーカーを目指すのも手

現代では多様な働き方から自身に合うワークスタイルを選びやすい時代です。「会社に縛られない働き方がしたい」「好きな場所で好きなことをしながら仕事がしたい」という方は、ノマドワーカーを目指してみてはいかがでしょうか。

ノマドワーカーとしてオフィスを持たず仕事がしたい場合は、バーチャルオフィスの利用がおすすめです。

ノマドワーカーはクライアントと連絡先のやりとりをする場面も多いですが、その際オフィスを持っていないと自宅住所を教えることになります。しかし中には「知らない人に自宅住所を教えたくない」「自宅にいやがらせが来ないか心配」と気にされる方も多いのではないでしょうか。

バーチャルオフィスで仕事用の住所を借りれば、“自宅バレ”を防ぎながらビジネスを続けられます。
レゾナンスでは、月額1,650円(税込)からの格安で、都内一等地の住所が借りられます。ノマドワーカー生活をスタートする際は、ぜひレゾナンスのバーチャルオフィスをご検討ください。