バーチャルオフィスとは? | 東京の月額1,500円格安バーチャルオフィスならレゾナンス

バーチャルオフィスとは?

個人事業主様向け

起業をする際、もしくは副業を始めるにあたり、バーチャルオフィスの利用を検討される方は多いのではないでしょうか?

「バーチャル」というだけあって、実際に利用してみないとどういったメリットやデメリットがあるのかイメージしづらいと感じる方も多いでしょう。ここでは、バーチャルオフィスを利用することでどういったメリットやデメリットがあるのかについてご説明したいと思います。

バーチャルオフィスとは

バーチャルオフィスとは、実際に入居することなくオフィスとしての住所や電話番号を利用することができるサービスのことを言います。文字通り「仮想のオフィス」というわけです。

とはいえ、単に住所や電話番号を表示できるだけというわけではなく、実際にその住所あてに届いた郵便物を受け取って転送してくれたり、電話に応対してくれたりといったオフィスにまつわる事務作業もセットで提供されています。また、会議室や作業スペースなどを時間で借りられるバーチャルオフィスも多くあります。

スタートアップに活躍のバーチャルオフィス

ベンチャービジネスの立ち上げや個人事務所の開業、フリーランサーとしての独立、あるいは副業の開始など、さまざまな形で起業する方が増えてきています。バーチャルオフィスは、こうした方々から特に注目されるサービスとなっています。

ビジネスをスタートするにあたって、拠点となる「オフィス」をどこに構えるのかは十分に検討すべき課題の一つです。最初からレンタルオフィスなどを利用してオフィスを構えるとなると、物件探しや契約手続きなどに大きな労力がかかる上に、入居にあたっての初期費用や入居後の賃料や光熱費などのランニングコストが発生することになり、起業直後には多大な負担となります。

スタートアップ期や副業、スモールビジネスにおいて、実作業にあたる場所自体は、自宅の一室などで事足りるケースが多く、まずは自宅兼事務所という形で事業を始めることを検討するのが現実的かもしれません。

しかしこの場合、自宅住所を本社所在地として登記したり公開したりして良いのだろうかというのが悩ましいところですね。賃貸住宅の場合、契約上オフィスとしての利用は難しいというケースもあるでしょう。このような場合に便利に利用できるサービスが、バーチャルオフィスなのです。

バーチャルオフィスはこんな方にオススメです

  • 個人事業主やSOHOの方
  • スタートアップのベンチャー企業
  • 海外に拠点のある日本法人の代理事務所
  • オフィスを必要としていないが法人登記されたい方
  • 毎月のランディングコストを抑えたい方
  • など