近頃よく聞く『週末起業』とは? 副業との違いについて

起業してみたいけれど、本業を辞めてするにはリスクが大きい……そのように考えて、なかなか起業に踏み出せない人も少なくないでしょう。今回は、本業を続けながら起業をするという新しいスタイルの「週末起業」について、その詳細や副業との違いについてご紹介します。

起業したいものの、安定した収入が得られなくなるリスクを恐れている人はぜひ参考にしてみてください。

週末起業とは何か?

起業というと、今勤めている会社から独立して自分でビジネスを始めるというイメージがありますよね。しかし週末起業とは、本業が休みの週末や休日など空いた時間を使って起業することを指します。起業するときの大きなリスクである収入の減少ですが、週末起業の場合は本業を続けながら行うので、現在の収入が大幅に減ることはありません。そのため、収入面でのリスクは通常の起業よりもかなり抑えられます。

このように、収入が不安定になるというリスクを負わずに、自分がやりたいビジネスを始められることが、週末起業の大きな魅力でしょう。

週末起業と副業の違い

週末起業と副業、本業を続けながら他の仕事で収入を得るという点では同じです。しかし、目的が大きく違います。週末起業の目的は、収入を得ることだけではなくビジネスを自分で立ち上げることです。最終的には、本業にしたいと考えている人が多いでしょう。

一方で副業の場合、本業以外で収入を得ることが大きな目的です。そのため、起業はせず別の雇用主の下で空き時間に働きます。あくまで別の収入源の確保なので、いつかは本業にしたいと考える人は少ない傾向にあります。

週末起業をするならレンタルオフィスを活用しよう

いくら本業で収入が安定しているとはいえ、なるべくなら費用は抑えたいですよね。そこで、レンタルオフィスの利用をおすすめします。レンタルオフィスとは、机や椅子、通信機器など事務所に必要な設備があらかじめ設置されている場所を借りることです。不動産で事務所を借りて、設備を揃えるよりも安く利用できるので大変人気があります。

レンタルオフィスを利用すると、住所や電話番号を借りることもできるので、プライバシーを守りたい人には最適です。また、レンタルオフィスにはさまざまな種類があります。たとえば、自分専用のスペースが確保できる個室タイプや、他の利用者と共有するシェアオフィス、物理的な場所は利用せず住所や電話番号を借りるバーチャルオフィスなどです。

カフェで仕事をする男性
本業での安定した収入を得ながら、新しくビジネスを始められる「週末起業」は、最近大きな注目を集めています。いつか独立したいと考えている人にとっては、最適な方法ではないでしょうか。
単に収入を得るための副業としてではなく、最終的に本業として成功したいという高いモチベーションを保つことができます。

  • 法人登記・郵便物月末転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物があまり届かず、月1回の転送でも良いという方にオススメのプランとなります。

全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(ご利用規約に基づく)
法人登記・郵便物毎週水曜転送が付いております。
届いた郵便物・お荷物は、スピーディーにメールでご連絡を差し上げます。

  • 転送は週1回(水曜)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送
  • 郵便物は無料で写真送信
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
  • 全店舗 来店受取可能となります。
  • レゾナンスの姉妹店となっておりネットショップ運営者向けの店舗となります。
  • 転送は週1回(水曜)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送
  • 郵便物は無料で写真送信
  • ご登録のショップ名宛ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)※税務署からの書類に限り個人名でお受け取り可能
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります
  • 法人登記・郵便物週1回転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物が頻繁に届く方で、週に1回必ず郵便物をチェックしたいという方にオススメのプランとなります。
  • スポット転送を指示すると、郵便物を即日に転送いたします。(1回500円)
  • ※9時~17時までの受付時間となります。

  • 郵便物都度転送オプションを追加すると、郵便物を即日に転送いたします。(月1,100円)
  • ※6か月年払いコース・1年払いコースのお客様は次回更新日までのご請求が必須となります。
    【例】
    次回更新日まで残り4か月の場合・・
    1,100円×4か月分=4,400円

受信料:1枚10円
転送費:1枚100円

※デポジットより差し引き

受信料:1枚10円
転送費:1枚100円

※デポジットより差し引き
(お客様で送受信される場合、転送費は発生いたしません)

  • 送料はデポジットより差し引きとなります。
  • 月1回転送プランの方は追加不可
  • (スポット転送(1回500円)をご利用下さい)

  • 電話代行受付時間:月~金 9:00~18:00
  • (祝祭日、年末年始夏季休養日除く)

*個人契約は2つ目の登録の場合、法人契約は法人名以外でのお受取を希望の場合に追加が可能です。

  • 郵便物転送(月1回 月末水曜)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入不可
  • 郵便物は無料で写真送信
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
  • 全店舗 来店受取不可となっております。