インキュベーションオフィスとはどんなオフィス? メリットや他のオフィス形態との違い

起業にあたってオフィス形態を考えたとき、さまざまな選択肢があるでしょう。その中でも近年注目されているのが「インキュベーションオフィス」というオフィス形態です。

ここではインキュベーションオフィスのメリットや他のオフィス形態との違い、インキュベーションオフィスの利用に向いている方の特徴などをご紹介します。
「オフィス探しで迷っている」という方は、ぜひご参考にお読みくださいね。

インキュベーションオフィスとは?

インキュベーションオフィスとは、会社の設立・事業拡大に対し、サポートや支援を行っているオフィスです。

インキュベーションは英語で「孵化器」という意味で、入居事業者のビジネスの拡大や発展、成功を目的としています。

そのため、インキュベーションオフィスが対象としているのは「これから会社を起業したい」「会社の事業を成長させたい」という会社及び起業家です。

インキュベーションオフィスの運営には、自治体などの公的機関が大きく関わっているのが大きな特徴です。

ただし、直接の運営は民間企業に委託されるケースがほとんど。言い換えれば「国や自治体の支援を受けながら、民間業者が起業家の支援を行う」という施設ともいえます。

インキュベーションオフィスではどのような支援が受けられる?

一般的なインキュベーションオフィスでは、以下のような支援が受けられます。

  • 新規事業創出への相談
  • 経営相談
  • 事業に必要なノウハウの提供
  • 事業計画の策定支援
  • アライアンス先紹介
  • 資金調達支援
  • 経理代行、税務申告代行サービスの紹介
  • 人事労務管理のコンサルティング事業 など

また、オフィスとしての機能は以下の通りです。

  • 個室型のオフィス空間の提供
  • 郵便物の受け取り、転送サービス
  • 法人登記用住所
  • インターネット環境、複合機などのOA機器の貸し出し
  • ミーティングルームの提供

このように、インキュベーションオフィスは「起業家支援」「オフィス空間としての必要な機能」を兼ね備えたオフィスだといえます。

インキュベーションオフィスを利用するメリット・デメリット

インキュベーションオフィスの特徴について知ったところで、実際に利用するメリットとは何なのでしょうか。

【インキュベーションオフィス利用のメリット】

  • 起業、経営支援を受けられる
  • 賃貸オフィスに比べると賃料が安い場合が多い
  • 最初からビジネスに必要最低限の環境が揃っている

起業、経営支援を受けられる

インキュベーションオフィスでは、企業や経営に対し豊富なノウハウをもつ「インキュベーションマネージャー」が常駐しているのが特徴です。入居事業者はインキュベーションマネージャーから経営ノウハウの提供、資金計画相談、人材紹介などのサポートを受けられます。

創業から事業が軌道に乗るまで一貫してサポートしてもらえるため、初めて起業する方の心強い味方になってくれるのは大きなメリットでしょう。

賃貸オフィスに比べると賃料が安い場合が多い

インキュベーションオフィスの賃料相場は月額数万円~十数万円です。

賃貸オフィスよりも低く、レンタルオフィスよりは高い……という位置づけですが、設備(ハード面、ソフト面)が整っていること、複数人で事業を行う場合には割安とも考えられます。

最初からビジネスに必要最低限の環境が揃っている

インキュベーションオフィスには、仕事に最低限必要なネット回線、OA機器などの設備が備わっていることが多いのも特徴です。
オフィス家具や必要な機材等は自分で用意する必要がありますが、細かな設備投資費を節約できるのは大きなメリットです。

また、ミーティングルームなどが無料、または安価で借りられるインキュベーションオフィスも多く、外部の施設を探して借りる手間や費用も削減できます。

【インキュベーションオフィス利用のデメリット】

  • オフィス空間の自由度は低い
  • 入居までの手続きに手間がかかる
  • 金銭以外の対価を求められる場合がある

オフィス空間の自由度は低い

インキュベーションオフィスは家具によるレイアウト変更こそできますが、壁の色を変えるなどの大掛かりな改装工事はできません。「デザイナーに空間をデザインしてもらい、独自のオフィススペースを作りたい」という方は、賃貸オフィスのほうが向いているでしょう。

入居までの手続きに手間がかかる

インキュベーションオフィスに入居する際は、面接や審査、契約まで多くのプロセスを要します。
またインキュベーションオフィスでは事業計画の提出を必須としているうえ、家賃の補助申請をする場合は別途手続きも必要です。
レンタルオフィスなどの入居手続きに比べると「手続きが煩雑」という印象を持たれる方もいるでしょう。

金銭以外の対価を求められる場合がある

インキュベーションオフィスによっては、「入居企業への出資」の見返りとして対価を設定しているケースがあります。例を挙げると「ストックオプションの付与」「事業発展後の投資確約などを条件にする」などが挙げられます。

入居時に承諾したものの、後々ビジネス展開に支障が出た……ということがないように、あらかじめ入居時の契約内容を確認しておきましょう。

レンタルオフィスやコワーキングスペースとの違いは?

インキュベーションオフィス以外のオフィス形態としては、賃貸オフィス、レンタルオフィス、コワーキングスペースなどがあります。
それぞれの大まかな違いを比較してみましょう。

インキュベーションオフィス賃貸オフィスレンタルオフィスコワーキングスペース
賃料(月額)
※東京23区基準のおおよその金額
5万~15万30万~100万3万~10万3万~
※スポット利用有
部屋の形式個室個室個室/半個室オープンスペース
セキュリティ高い高いやや高い(個室)低い
カスタマイズ性普通高い低いほぼない
法人登記オフィスにより異なるオフィスにより異なる
独自の特徴創業サポート、支援が受けられる内装工事による大掛かりなカスタマイズができる敷金、礼金が不要
オフィス家具などが完備
交流会やワークショップなど、新たなアイデア創出の機会が生まれやすい

インキュベーションオフィスや賃貸オフィス、レンタルオフィスは「個室」が利用できる点が大きなメリットです。一方コワーキングスペースは、オープンスペースで作業をするという違いがあります。

部屋の形式の違いはセキュリティ面にも関わってくるため、よりセキュリティを重視するのであれば個室タイプのオフィスが向いています。

また、内装のカスタマイズ性は賃貸オフィスが最も高くなります。他の3つのオフィス形態に関しては、自身でオフィス家具を準備するか、配置された家具などをそのまま使うケースが多いでしょう。

そのほか、インキュベーションオフィスや賃貸オフィスの場合は問題なく法人登記ができる点も特徴です。一方レンタルオフィス、コワーキングスペースの場合は、運営会社の定めた規定によって対応が異なります。

このように、オフィス形態には賃料をはじめさまざまな違い、特徴があります。
比較検討してみて、自社に最適なオフィス形態を選びましょう。

インキュベーションオフィス利用に向いている人

オフィス形態ごとの大まかな違いについてご説明しましたが、結局のところインキュベーションオフィスはどのような企業に向いているのでしょうか。
インキュベーションオフィスの利用に向いている方の特徴は以下のとおりです。

  • 賃料を抑えたい
  • 起業や経営に関するアドバイス、ノウハウを教えてもらいたい
  • 起業家同士の交流機会を持ちたい

インキュベーションオフィスは賃貸オフィスに比べ賃料が低く、かつ起業・経営に関するアドバイスを受けられるのが魅力です。また人材紹介などの支援も受けられますので、「専門家に教わって起業に関するリスクを減らしたい……」という方には特におすすめだといえます。

また、インキュベーションオフィスでは起業家同士の交流会も開催されています。同じ悩みを持つ起業家同士で話ができれば、お互い良い刺激となりますし、問題解決のヒントや新たなビジネスが生まれる機会にもなるでしょう。

起業する際はインキュベーションオフィスの利用を視野に入れてみよう

企業や経営の専門家からサポートを受けながらオフィスを持てるインキュベーションオフィスは、「起業に関して不安がある」「サポートを受けながらビジネスを成功させたい」という方に最適なオフィス形態です。

ただし、入居にはさまざまな手続きや審査もあります。また、ひとりで起業する場合はコスト面が高く感じられる場合もあるかもしれません。オフィスを選ぶ際は、ビジネススタイルにマッチするオフィス形態を考えた上で選びましょう。

なお、「自宅でスモールビジネスを始めたい」という場合は、バーチャルオフィスを借りる方法もあります。
バーチャルオフィスは、安価で「ビジネス用住所」を借りられるサービスです。

例えばレゾナンスでは、月額1,650円にて格安バーチャルオフィスを提供しております。
この価格で法人登記もでき、都内の一等地住所(港区浜松町、中央区銀座、渋谷区神宮前、新宿区西新宿)が使えるため、個人起業家の方からもご好評をいただいております。

「オフィスは必要ないけれど、事業用の住所は欲しい」という方は、ぜひレゾナンスのご利用を検討してみてください。