起業におすすめの業種15選! 初心者から経験者までローリスクで起業できる仕事とは?

起業のハードルが低くなっている今、「起業してみたいけれど、何をすればいいか決めかねている」という方も多いはず。

そこで今回は、起業におすすめの業種15選をご紹介します。初心者向けから自身の経験を活かせる業種、さらには副業にもおすすめの「プチ起業」のアイデアを見てみましょう。

初心者の起業におすすめ! イチオシの業種5選

最初に、初心者でも始めやすい起業アイデアを5つご紹介します。

  • WEBライター
  • ブログ(アフィリエイター)
  • 家事代行などの代行サービス
  • せどり
  • ネットショップ経営

これらは起業時に特別な資格が必要なく、比較的気軽に始められるのが共通点です。
順に特徴、メリットを見ていきましょう。

WEBライター

WEBコンテンツの文章を作成するWEBライターは、特別な資格も要らず、起業にトライしやすい業種です。

WEBライターとして起業するには、クラウドソーシングを利用したり、求人サイトやSNSでライター募集に応募したりといった方法があります。PCとネットがあれば在宅でも働けるのも魅力です。

ブログ(アフィリエイター)

初心者でもトライしやすい起業アイデアには「ブログ(アフィリエイト)」も挙げられるでしょう。
アフィリエイト広告を貼ったブログ記事を作成し、広告経由で商品・サービスの購入等をした場合に収益が発生する仕組みです。

アクセス数が少ないうちは収益も発生しにくいですが、SNSでの集客と合わせてコツコツ行うことで収益が発生しやすくなります。また、記事は長期的に収益を生んでくれる「ストック型資産」になるメリットもあります。

家事代行などの代行サービス

家事代行などの代行サービスは、依頼者の依頼に従って食事作りや掃除などを行うビジネスです。
ベビーシッターなどもこの代行サービスに当てはまります。スキマ時間を活用して収益が得られるのが大きなメリットです。

いきなり個人事業として起業するのが不安な方は、家事代行サービスの登録会社で経験を積み、独立する方法もあります。

せどり

「せどり」は、問屋やネットショップなどで安く仕入れた商品を高く売り、その差額を利益として得るビジネスです。高い売り上げを得るには目利きの技術が必要になりますが、個人単位でもビジネスが成立しやすいのがメリットです。
ただし、中古品を販売する場合は「古物商許可」が必要になる点に注意が必要です。

ネットショップ経営

近年特に注目なのが、ネットショップの経営です。
現在では「BASE」「メルカリShops」「STORES」などのサービスを利用すれば、誰でも手軽に自分のネットショップが持てるようになりました。また、楽天やAmazonなどのECサイトでも手軽に商品を販売できます。

大きな利益を上げるには、せどりと同様に「売れる商品」をピックアップする必要がありますが、中にはニッチな商品を扱うことで独自性を出し、人気ショップとなっているオーナーもいます。
ネットショップ作成サービスには「商品が売れたときだけ手数料が発生」というシステムのところも多いので、気軽に挑戦しやすいのも魅力です。

自身の経験やスキルを活かせる! おすすめの起業5選

「自身の経験やスキルを活かして起業したい!」という方は、以下の業種もおすすめです。

  • デザイナー(WEBデザイン、UI/UXデザインなど)
  • IT業種(WEB制作、システム開発、ゲーム・アプリ開発、AI開発など)
  • コンサルティング、セミナー講師
  • ハウスクリーニング
  • オンライン教室の講師

デザイナー(WEBデザイン、UI/UXデザインなど)

デザインが得意な方は、WEBページのデザインやUI、UXデザインを手掛ける「デザイナー」として起業されるのもおすすめです。

デザイナー業はPCとネット環境、制作ソフトがあれば独立・起業ができるため、場所を問わずビジネスができます。

IT業種(WEB制作、システム開発、ゲーム・アプリ開発、AI開発など)

プログラミングが得意な方は、IT系の業種での起業をおすすめします。IT系の業種は常に高い需要があり、事業が順調にいけば高い収益が見込めるからです。

また、「空いている駐車場をシェアするサービス」などのように、既存のサービス×IT技術により生み出される“新たなサービス”も注目されています。アイデア次第では大きな可能性を秘めている業種だといえるでしょう。

コンサルティング、セミナー講師、塾の経営

個人で起業する場合、“これまで得た経験や知識”を人に教える業種もおすすめです。具体的にはコンサルティング、セミナー講師のほか、学習塾の経営などもこれにあてはまります。

こうした職業は、自身の経験や知識をもとに起業するため、材料費などのコストがかかりにくいメリットがあります。

ハウスクリーニング

“巣ごもり需要”が高まった近年では、ハウスクリーニング業での起業も人気です。
ハウスクリーニングの場合、顧客の自宅へ訪問して作業を行うため、店舗費用がかからない点がメリットといえるでしょう。

また、個人での起業が心配な場合は、フランチャイズに加盟し経営をする手段もあります。経営のノウハウを教えてもらいつつ低資金で開業ができるため、検討してみてもよいでしょう。

オンライン教室の講師

「人に教えられる知識や技術、資格」をお持ちの方は、料理教室やヨガ教室などをオンラインで開講してみるのもおすすめです。オンラインなら自宅からでも教えられますし、地域に関係なく生徒を集められます。
またオンライン教室はSNSとの親和性も高いため、集客がしやすいメリットもあります。

副業にも最適! プチ起業アイデア5選

最後に、副業にもおすすめの“プチ起業”アイデアを5つご紹介します。

  • 動画編集、投稿
  • 個人ネイリスト
  • ハンドメイド制作、販売
  • ポイントサイト、アンケート
  • スキル販売

動画編集、投稿

近年は動画コンテンツの台頭により、動画編集の需要が高まっています。動画編集専門に請け負うビジネスを起業すれば、安定した需要が見込めるでしょう。

また、自身でYouTubeなどに動画投稿をするのもおすすめです。YouTubeはブログと同じく「ストック型資産」ですので、人気が出れば継続的に収益を生み出してくれます。収益化には条件があるため時間こそかかりますが、起業アイデアの1つとして検討してみるのもおすすめです。

ネイリスト

ネイリストの資格を持っている方は、ネイルサロンを開いたり、個人でネイリストとして活動したりして起業してみてはいかがでしょうか。

個人でネイリストになる場合、自宅またお客様の自宅へ出張し、施術を行います。この方法なら店舗を持たず起業ができ、経費を節約しながらビジネスを行えるため、副業にもおすすめです。

ハンドメイド制作、販売

手先が器用な方の場合、服や小物、アクセサリーなどのハンドメイド作品を制作し、販売する起業方法もあります。フリマアプリのほか、本格的に事業として販売したい場合はネットショップを開いてもよいでしょう。

ポイントサイト、アンケート

ポイントサイトは、特定のサイトを経由して別のサイトで商品・サービスの購入をしたときに、ポイントが貯まる仕組みです。またアンケートサイトで設問に回答し、ポイントを得る方法もあります。
貯まったポイントは現金や電子マネーなどに交換することで、利益となります。

本格的な起業というよりは「お小遣い稼ぎ」に近いですが、スキマ時間で副業をしたい方には向いている方法だといえるでしょう。

スキル販売

スキル販売とは、自身のスキルや知識を商品として売るビジネスです。直接スキルを提供する「ココナラ」などのほか、「Udemy」「Brain」「note(有料マガジン)」などのサービスを利用しての販売もできます。

コンサルティング等と同じく、自身のスキルを販売するため元手がほぼかかりません。利益率も高く、集客・宣伝次第では多くの利益を得られる可能性もあるでしょう。

起業する業種選びのポイント&注意点は?

起業におすすめの業種をお伝えしてきましたが、世の中にはご紹介した業種以外にもたくさんのビジネスがあります。たとえば「飲食店・小売店の経営」「不動産販売」「トリミングサロンの経営」など、多種多様なビジネスでの起業も、もちろん可能です。

これから起業する業種を選ぶなら、ご自身が「やりたい」と思った業種を選ぶのが何より大切です。
そのうえで、以下の3点を意識するとよいでしょう。

  • はじめは「1人でもできる業種」がおすすめ
  • 世の中の変化に対応できる業種を選ぶ
  • ニーズのない業種は成功が難しい

起業時に重要なのが「いかにムダな経費を減らせるか」という点です。はじめから多くの従業員を雇って起業したとしても、事業がうまくいかなければ人件費で赤字……ということになりかねません。

起業経験がない方は、まず「1人で起業できるビジネスアイデア」を探してみましょう。

また起業時には「世の中の変化にうまく対応できる業種か」も重要です。スマートフォンが人気となって家庭における「固定電話」が廃れていったように、顧客のニーズは世の中の変化に応じて変わります。

よって、起業時には「変化の激しい時代であってもニーズがあるか」「社会情勢に大きく左右されない業種か」を意識したアイデアを考えるべきです。

起業するなら「バーチャルオフィス」がおすすめ! 安全にビジネスを始めよう

以前に比べて近年では、起業のハードルもかなり低くなっています。特に、副業として起業したり、個人事業主として0円で開業したりといったことができる現代は、その気になれば起業ができる環境といっても過言ではありません。ネットを利用したビジネスなら、自宅でも起業ができます。

なお、ご自宅をオフィスとする場合、取引やビジネスツールに自宅住所を使うことになります。しかしそれは、見知らぬ第三者へ自宅住所を教えるということでもあるため、心配に思われる方も多いのではないでしょうか。

これからご自宅で起業される方は「バーチャルオフィス」を利用すると安全にビジネスがおこなえます。

レゾナンスでは月額1,650円(税込/年払いの場合)にてバーチャルオフィスをご利用いただけます。ご利用可能な住所は浜松町、銀座、渋谷、新宿からお選びいただけるのも特徴です。いずれも都内一等地の住所のため、事業のイメージアップにもつながります。さらにこちらの4住所は、すべて法人登記が可能です。

「起業してみたいけれど、第三者に自宅住所を晒したくない」「自宅が賃貸のため、住所をビジネスに使えない」という方は、ぜひレゾナンスまでご相談ください。