せどりにはバーチャルオフィス利用がおすすめ! 理由や活用方法を解説

副業として人気の「せどり」。少ない資金でスタートでき、作業がほぼ自宅で完結するということもあって、お小遣い稼ぎに始める方も多く見られます。そんなせどりを始めるにあたっておすすめなのが、バーチャルオフィスの利用です。

ここではせどりにバーチャルオフィスがおすすめな理由や、バーチャルオフィスの活用方法をご紹介します。「これからせどりを始めてみたい」という方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

せどりとはどのようなビジネス?

せどりとは、簡単に言うと書籍やアニメ・ゲーム・アイドルグッズなどを安く仕入れて高く売るビジネスです。せどりにおいては、仕入れ価格と販売価格の差額が利益となります。一昔前までは“価値のある古本を安く仕入れてオークションなどで高く売る”のがせどりの定義でしたが、近年では書籍に限定せず、幅広いジャンルの商品を安く仕入れて売る行為を「せどり」と呼んでいます。

せどりは空いた時間でできる点や、小さな資金から始められる点が魅力です。また自宅に居ながら販売が可能ということもあり、副業としても大変人気があります。

バーチャルオフィスとはどのようなサービス?

せどりにバーチャルオフィスがおすすめ、と申し上げましたが、そもそもバーチャルオフィスとは何なのでしょう。バーチャルオフィスは、事業用の住所や電話番号を貸し出すサービスを指します。
オフィススペースは借りられませんが、バーチャルオフィス宛に届いた郵便物や荷物がある場合は転送・預かりをしてもらえるので安心です。

なおバーチャルオフィスの住所は、せどり販売に使用するWebサイトへの記載や自分のWebサイト、名刺などに利用できます。

せどりにバーチャルオフィスがおすすめな理由

せどりとバーチャルオフィスの特徴について知ったところで、なぜおすすめなのか理由が知りたいですよね。おすすめの理由としては、せどりとバーチャルオフィスの相性が良いから、という理由が挙げられます。

自宅住所を公開せずにせどりができる

せどりでバーチャルオフィスを利用する最大のメリットが「自宅住所を公開しないでビジネスができるようになること」です。

AmazonのFBAなどの物販サービスを利用したり、自分でネットショップを開設したりしてせどりをする場合、「特定商取引法に基づく表記」を掲載する必要があります。
同表記には事業者の氏名や住所、電話番号などの情報を記載することになるのですが、自宅でせどりをしている人の場合は、自宅住所を「事業拠点の住所」として掲載しなければいけません。

副業でせどりをしている方の場合、自宅住所を掲載することで本業の関係者にバレてしまうおそれもあります。また、自宅住所を悪用したいたずら、嫌がらせを受ける可能性もゼロではありません。

そのような悩みは、バーチャルオフィスを利用すれば解決できます。バーチャルオフィスの住所は、自宅住所の代わりにWebサイト等に記載できるからです。またバーチャルオフィスのプランによっては、事業用の電話番号を借りることもできます。
このようにバーチャルオフィスは、個人情報を守りながらせどりを続けたい人の味方となってくれるのです。

レンタルオフィスに比べると低コストで利用できる

バーチャルオフィスとよく比較されるものにレンタルオフィスがあります。レンタルオフィスはオフィス空間ごと借りられるサービスですが、毎月の家賃や光熱費など多くのコストがかかります。
一方バーチャルオフィスは月々数千円程度と、低コストで利用できます。そのためオフィスを必要としないせどりとの相性も抜群なのです。

一等地の住所が利用でき、印象アップにつながる

バーチャルオフィスのもうひとつのメリットに、「都内などの一等地住所が利用できる」という特徴があります。

バーチャルオフィスには渋谷や銀座、新宿、港区など、魅力的な住所が借りられるケースも多いです。仮にこれらの住所でレンタルオフィスを借りた場合、月数十万の賃料が必要になるでしょう。

しかしバーチャルオフィスなら、月々数千円で借りられます。せどりのWebサイト等に記載すれば「都会に会社がある」ということで顧客からの印象も良くなりますし、信頼にもつながります。

せどりでバーチャルオフィスを活用する方法は?

せどりでバーチャルオフィスを利用した場合、自宅住所の代わりに使える住所が取得できるのがメリットです。ただ、バーチャルオフィスにはそのほかにも、さまざまな活用方法があるのをご存じでしょうか?
せどりでバーチャルオフィスを利用した際の活用アイデアをご紹介します。

Amazonなどの販売サイトへ記載する住所に使用

バーチャルオフィスの住所は、AmazonのFBAなどのECサイト・物販サイトでせどりを行う場合にも使えます。
ECサイトや物販サイトにバーチャルオフィスの住所を利用すると、プライバシーを守れるうえ、顧客からの印象をアップさせることもできるのです。
特に地方に住んでいる方は、都内一等地の住所を借りるだけでもかなり印象が違ってくるのではないでしょうか。日本のどこに住んでいても借りられるのは、バーチャルオフィスならではのメリットだといえるでしょう。

自身のブログに記載し、信用性を高める

せどりをしている方の中には、並行してブログの運営をされている方も多く見られます。ブログでは自身のプロフィール、連絡先を記載するページを作っている方も多いでしょう。しかし、素性を明かさないままサイトを運営した場合、人によっては「書いてあることを信用していいのかな?」と疑ってしまうことも少なくありません。

一方、プロフィールページや連絡先ページにバーチャルオフィスの住所を記載しておくとどうでしょうか。身元が明記されていると、来訪者からの印象も良くなるはずです。信用を得ることでせどりの販売ページへの誘導がスムーズになり、購入率アップなどの効果も期待できるでしょう。

電話代行秘書サービスで電話応対の手間を減らす

せどりの事業規模が大きくなってくると、梱包や発送、顧客対応などで忙しくなるケースがあります。せどりを副業として行っているのであれば本業もありますし、「時間が足りない」と感じることもあるでしょう。

そのような場合におすすめなのが、バーチャルオフィスの「電話代行秘書サービス」です。これは自分の代わりにオペレーターが電話応対をしてくれるというもので、応対の手間と時間を減らせる点が大きな魅力です。かかってきた電話の用件は、メールなどでまとめて報告してもらえますので安心です。
このようなバーチャルオフィスの便利なサービスを利用すれば、本業と副業で忙しい方も時間にゆとりが生まれるのではないでしょうか。

せどりにはレゾナンスの格安バーチャルオフィスがおすすめ!

せどりは少ない資金で気軽に始められるのが魅力です。しかし自宅でせどりを始める場合、住所など個人情報が公開されてしまうリスクがあります。
プライバシーを守りながらせどりを楽しみたい方、都内一等地の住所で印象アップをはかりたい方にはバーチャルオフィスの利用をおすすめします。

レゾナンスでは港区・渋谷・銀座・新宿といった都内一等地の住所が借りられるバーチャルオフィスを提供しております。全てのプランに郵便物の転送サービス(月4回)、専用会員サイトなどのサービスが付帯しており、基本プランであれば月額1,650円(税込/年払いの場合)でご利用いただけます。

またレゾナンスでは、東京03の電話番号付きプランや、電話代行秘書サービス付きのバーチャルオフィスプランもご用意しております。これからせどりを始める方は、レゾナンスのバーチャルオフィスをぜひご検討ください。