自宅がオフィスだと経費はどうなる? 個人事業主の経費の基礎知識

自宅をオフィスにし、自家用車を使って業務にあたる個人事業主はたくさんいます。
個人事業主は所得に対し課税されるので、経費をきちんと計上して所得部分をはっきりさせておくことが必要です。

業務に必要な消耗品や通行費などは経費としてわかりやすいものですが、自宅や自家用車のガソリンなどは生活費と一体化しており、どこまで経費にしたらいいのか迷うものです。
そこで今回は、個人事業主が知っておきたい経費の基礎知識についてご紹介します。

個人事業主の事業にかかわるコストは経費に計上できる

企業に雇用されている人は、給料から税金や社会保険料が天引きされますが、個人事業主は確定申告で納税額をはっきりさせ、必要な金額を税務署に払うことになっています。

確定申告の対象期間は1月~12月、課税対象は売り上げではなく、売り上げから経費を引いた「所得」になるため、経費をきちんと計上することが大切なのです。
売り上げから差し引くことができる「経費」とは、事業を運営するために必要なコスト全般を指しています。

ですから、「何にいくら使ったのか」をきちんと把握するためにも、領収書やレシートなどはきちんと保管し、帳簿をつけることが大切です。

個人事業主が経費に計上してもいいもの、よくないもの

売上から差し引くことができる経費とは、事業を行っていく上でかかった必要経費すべてとご紹介しました。

具体的には、文房具やコピー用紙などの消耗品、器機のレンタル料、10万円以上の器機の減価償却費、オフィスの家賃、水光熱費、火災保険料、通信費など。
自動車に関しては購入費の減価償却費、ガソリン代、自動車税・自動車保険料、修繕費など、たくさんあります。

業務に関わって発生するものですが、所得税や住民税、社会保険料、借入金の返済金などは経費には計上できないので注意しましょう。
打ち合わせ先で駐車違反をしてしまったなどで発生する罰金も、経費に計上することはできません。

健康維持のためのスポーツジム代、年に一度の健康診断料など福利厚生に当たるものも経費にすることはできません。
福利厚生費は従業員のためのものですから、個人事業主は当てはまらないのです。

個人事業主の生活費と区別がつきにくい経費の計上方法

自宅外にオフィスを構えており、自家用車とは別の自動車を利用している場合は家計とはっきり区別できるので悩みません。

しかし、自宅をオフィスにしている場合の家賃や水光熱費、自家用車を使って仕事をしている場合のガソリン代などは、どう経費に計上するべきなのでしょうか。
生活費と一体化している経費は基本的に、使用割合で按分します。事務所に関する経費は、自宅の床面積に対するオフィススペースの床面積の割合で按分計算をするのがルールです。

自動車の場合は、プライベートと業務の使用割合での按分計算をします。

個人事業主が知っておきたい経費の基礎知識をご紹介しました。経費をきちんと計上することで、節税効果が高まります。

自宅で仕事をしていて生活費と一体化している経費は、使用割合で按分計算をすれば経費として計上が可能です。事務所の場合は基本的に床面積で割合を出しますが、自動車の使用割合は自身で決定します。

しっかり按分計算をして、事務所・自動車のコストも経費として計上しましょう。

  • 法人登記・郵便物月末転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物があまり届かず、月1回の転送でも良いという方にオススメのプランとなります。

全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(ご利用規約に基づく)
法人登記・郵便物毎週水曜転送が付いております。
届いた郵便物・お荷物は、スピーディーにメールでご連絡を差し上げます。

  • 転送は週1回(水曜)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送
  • 郵便物は無料で写真送信
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
  • 全店舗 来店受取可能となります。
  • レゾナンスの姉妹店となっておりネットショップ運営者向けの店舗となります。
  • 転送は週1回(水曜)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送
  • 郵便物は無料で写真送信
  • ご登録のショップ名宛ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)※税務署からの書類に限り個人名でお受け取り可能
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります
  • 法人登記・郵便物週1回転送が付いており、全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(利用規約に基づく)
  • 郵便物が頻繁に届く方で、週に1回必ず郵便物をチェックしたいという方にオススメのプランとなります。
  • スポット転送を指示すると、郵便物を即日に転送いたします。(1回500円)
  • ※9時~17時までの受付時間となります。

  • 郵便物都度転送オプションを追加すると、郵便物を即日に転送いたします。(月1,100円)
  • ※6か月年払いコース・1年払いコースのお客様は次回更新日までのご請求が必須となります。
    【例】
    次回更新日まで残り4か月の場合・・
    1,100円×4か月分=4,400円

受信料:1枚10円
転送費:1枚100円

※デポジットより差し引き

受信料:1枚10円
転送費:1枚100円

※デポジットより差し引き
(お客様で送受信される場合、転送費は発生いたしません)

  • 送料はデポジットより差し引きとなります。
  • 月1回転送プランの方は追加不可
  • (スポット転送(1回500円)をご利用下さい)

  • 電話代行受付時間:月~金 9:00~18:00
  • (祝祭日、年末年始夏季休養日除く)

*個人契約は2つ目の登録の場合、法人契約は法人名以外でのお受取を希望の場合に追加が可能です。

  • 郵便物転送(月1回 月末水曜)
  • 転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
  • 郵便物都度転送オプション加入不可
  • 郵便物は無料で写真送信
  • 郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
  • 全店舗 来店受取不可となっております。