週末起業とは?起業におすすめのアイデアから成功事例まで紹介 | 東京の月額1,500円格安バーチャルオフィスならレゾナンス

週末起業とは?起業におすすめのアイデアから成功事例まで紹介

起業をしたいと考えながらも、リスクが気になり踏み切れない方は少なくありません。起業の成功率は低いと言われることもあるため、実際には起業をしない方が多くいます。

リスクを最小限にして起業したい方は、週末起業から始めることがおすすめです。メリット・デメリットやアイデアを把握して、気軽に起業を始めてみましょう。

今回は、週末起業の概要を解説します。メリット・デメリットやおすすめアイデアも解説するため、週末起業をしたいと考えている方は参考にしてください。

週末起業とは?

週末起業とは、本業を続けながら休日や終業後の時間で起業することです。限られた時間での活動となるため、小規模で手堅く始めることが多くなります。
よく似た言葉に副業がありますが、週末起業と副業は根本的な部分で異なります。

副業本業の合間に別の仕事で副収入を得る
週末起業休日等の時間を利用して事業を興し、副収入を得る

週末起業のメリット・デメリット

週末起業のメリットとデメリットは、それぞれ以下の通りです。

週末起業のメリット

◯収入を確保しながらチャレンジできる
週末起業は本業で収入を得ながらの活動となるため、金銭面を心配する必要がありません。

◯収入面での安定性が増す
週末起業が上手くいけば、安定した副収入が得られることもメリットです。ビジネスが軌道に乗れば、タイミングを見計らって独立起業にステップアップすることもできます。

週末起業のデメリット

◯プライベートな時間が減る
週末起業では本業の終業後や休日の時間を活動に充てるため、プライベートの時間を割くことが必要です。時間を取られ過ぎると、ライフワークバランスが崩れる場合もあります。

◯本業に支障が出る
週末起業でエネルギーを使いすぎると、睡眠不足や疲労が原因で生活リズムが崩れてしまい、本業の業務に支障をきたす恐れがあります。体調面はしっかりと管理することが重要です。

週末起業におすすめアイデア5選

週末起業は限られた時間の中で行うため、向き不向きを判断して自分に合うビジネスモデルを選ぶことが重要です。

ここでは、週末起業のアイデアを5つ紹介します。特徴や、メリット・デメリットも解説するため、ビジネスモデル選定の参考にしてください。

Webライター

Webライターは、Webサイトやメディアに使用する文章を書く仕事です。
現在はコンテンツマーケティングがインターネット業界のトレンドとなっており、企業からの需要も高いため、良い記事を書けば十分な収益が期待できます。

ライティングの案件は、クラウドソーシングを活用すると仕事の受注が可能です。初心者の方は、自身の得意な分野から始めることがおすすめです。

パソコン1台で始められる仕事のため、気になる方は挑戦してみましょう。

ホームページの運営

ニーズを見込めるアイデアがあれば、ポータルサイトやWebメディアといったホームページを運営することもおすすめです。
多くの方が集まる人気サイトを作ることができれば、広告収入でお金を稼ぐことができます。限られた時間で行う週末起業には適したビジネスモデルと言えるでしょう。

Webライターで経験を重ねた方や、有益で面白いコンテンツを作成できる方におすすめのビジネスモデルです。

一定のアクセスが見込めるホームページを作るためには時間がかかります。しかし、現在では外注化でリソースを補えるため、お金をかければ短期間で作ることも可能です。

ネットショップの運営

ホームページ上で物を販売するネットショップは、販売のプロセスを自動化できるため、週末起業にオススメのビジネスモデルとなります。
実店舗を出す必要がないことから、リスクを抑えた運営ができることは大きな魅力です。ネットショップの利用者も増えているため、需要が高いビジネスと言えるでしょう。

利益が見込めるニーズの高い商品や、魅力的な商品を見つけることができた場合は挑戦してみましょう。

プログラミング

プログラミングの知識がある方は、需要の高い人材と言われています。
フリーランスにシステム開発を委託する企業は多いため、開発の案件をこなすことができれば、十分な収益を得ることが可能です。

ライティングの案件と同じく、プログラミングの案件もクラウドソーシング等で広く募集されています。まずはどのような案件があるか一通りリサーチしてみましょう。
スキルに自信がある方は、IT企業に直接営業や提案を行うこともおすすめです。

コンサルタント

特定の分野に詳しい場合は、コンサルタントとして活躍する方法もあります。
コンサルタントの仕事は、困っている方や悩んでいる方に知識・ノウハウを提供したり、課題を解決したりすることです。

コンサルタントのジャンルは多様化しているため、あまり知られていない分野でも活躍することができます。一定のニーズを見込むことができ、課題を解決できるスキルがある方は、コンサルタントがおすすめです。

週末起業の成功事例を3パターン紹介!

週末起業の成功率を高めるためには、実際の成功事例を知ることが欠かせません。成功事例からさまざまなことを学びつつ、自身の事業に活かすことが大切です。

ここでは、週末起業の成功事例を3つ紹介します。週末起業に挑戦したいと考えている方は、それぞれの成功事例を参考にしてください。

技術を活かしてホームページを運営した事例

ITに関係のない職業で働いていたAさんは、趣味のゲームを題材としたブログを運営しています。はじめは日記程度にテクニックや攻略情報を更新していましたが、独学でSEO対策やコンテンツ制作を学んだ結果、アクセス数を伸ばすことに成功しました。

アクセスが伸び始めることに喜びを感じたAさんは、本格的にWebメディアを運営することになり、現在では自身が学んだ知識や技術を教える立場でも活躍しています。

本業で収入を得ながら好きなことを突き詰めた結果、週末起業に成功した事例です。

マーケティングの知識を活かしてネットショップを運営した事例

Bさんは、広告代理店でマーケターとして働き、企業のマーケティングを支援していました。「いずれは独立してネットショップを運営したい」と考えていた中で、友人からネットショップの運営を頼まれたことが、週末起業をするきっかけです。

友人のネットショップは見栄えが悪く、商品も探しにくい仕様となっていたため、マーケティングの知識を活かしてサイトをリニューアルしました。その結果、サイトの視認性が高まっただけでなく、ネット広告や販促企画も活用して売り上げを伸ばすことができました。

週末起業は1人の力でできることが限られるため、お互いの強みを補完できるパートナーと協力することもポイントです。相乗効果が発揮されて成功したモデルケースとなります。

資格を活かしてコンサルタントを行った事例

ITコンサルティング企業で働いていたCさんは、自分なりのコンセプトでサービス提供を行いたいと考えていました。まずは簡単に起業を始めたいと思ったことが、週末起業を始めるきっかけです。

コンサルティングに必要なITコーディネーターの資格、および関連資格を複数所持していたCさんは、知識と肩書きを活かしてインターネットで集客を行います。
専門性が高く評価されたため、週末限定でも依頼したいという顧客が見つかり、順調に依頼をこなして独立を決意しました。

独立のリスクが気になり前に踏み出せない方が、週末起業で収入を確保しながら独立開業まで辿り着いた成功例です。

まとめ

今回は、週末起業の概要やメリット・デメリット、おすすめアイデアや成功事例を解説しました。

週末起業は、リスクを減らして起業ができる方法です。メリット・デメリットの両面があるものの、何か自身のやりたいことがある場合は、積極的に挑戦することをおすすめします。ビジネスモデルは多くの種類があるため、自身に合う種類を選んでください。

実際に週末起業をする場合はたくさんの成功事例を参考にし、事業の成功確率を高めましょう。