バーチャルオフィスで個人事業主も夢じゃない!

企業に束縛されることなく、自分の実力を最大限活用し、独立起業を行いたいと考えている方は多いのではないでしょうか。また、大企業に働いても、将来が見えないまたは企業でやりたいことが見つけられない、そうした悩みを抱え日々生活している方も少なくありません。

そこで、個人事業主となり自分で生計を立て生活をしたい、そう考える方は増加しています。しかし、個人事業主になることによるリスクや、自分が本当に個人事業主となれるのかという不安などにより、あきらめてしまう方もいます。

ここでは、バーチャルオフィスで個人事業主も夢じゃないということについて、ご紹介いたします。

バーチャルオフィスで事業を開始

個人事業主として事務所を構える場合、初期費用として多額の費用が必要となります。そのため、初期費用の他に日々の生活のための資金がなければ、個人事業主になることは難しいと考えている方が多いのが現状となります。

そこで、バーチャルオフィスで事業を開始することで、初期費用を抑えることができます。

バーチャルオフィスのサポートを活用

バーチャルオフィスでは、様々なサポート体制があり、顧客とのやり取りも事務所を構える以上にスムーズにいくケースが多いです。特に、起業開始当初は、事務所にいることよりも外回りの方が多くなります。そのため、事務員などを設け、人件費のことなどを考えてしまう方もいます。

そこで、バーチャルオフィスのサポートを有効活用し、一人で起業を始められることが最初のとても重要なポイントとなります。

軌道に乗ったら事務所を検討

バーチャルオフィスをずっと使い続けると考えると、顧客との信頼関係等、様々な不安を持つ方も少なくありません。バーチャルオフィスを利用し続け、経営を安定化させる考えもありますが、一方では企業が軌道に乗ったら事務所を構えるという考えもあります。

そのため、バーチャルオフィスを利用し続けなければならないという固定観念ではなく、企業が軌道に乗ったらその後を検討するということを柔軟に考えることも重要です。

ネットショップで出店する際に、特定商法取引表記の住所としてご利用できます。
発送元ご利用住所としてもご利用いただけます。
宛所不明郵便・荷物及び返品郵便・荷物で発送元に戻ってきたお荷物は、スピーディーにメールでご連絡を差し上げます。

  • 税務署からの書類、宛先不明等の差し戻りや返品の郵便または宅配便のみのお受け取りとなります。
  • ショップ名が不明及び、ご登録の無いショップ名はお受け取りできません、返還対応となります。
  • 上記以外(書留・請求書等)の郵便物及びお荷物を受取ご希望の場合はビジネス応援プランをご利用ください。

全ての郵便物及びお荷物がお受け取りできるプランとなっております。(ご利用規約に基づく)
法人登記・郵便物毎週末転送が付いております。
届いた郵便物・お荷物は、スピーディーにメールでご連絡を差し上げます。

・郵送物及びお荷物の転送費用は別途お客様ご負担となります。
・転送は週1回(金曜日)
※転送日が休日・祝日にあたる場合は前営業日転送
※郵便物都度転送オプション加入の方は当日転送